<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 17日

パリの祭日 vol.1 キャトルズ・ジュイエ2006

e0029085_0141966.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


7月14日午前10時半。
今日は『キャトルズ・ジュイエ』日本では『パリ祭』と呼ばれているが、
こちらでは単にキャトルズ・ジュイエ、強いて訳せば革命記念日ということになる。

凱旋門には大きな三色旗がかかり周辺の道路は交通規制がされている。


e0029085_0211460.jpg

キャトルズ・ジュイエは一言でいえば軍隊のお祭り。


e0029085_0223943.jpg

デフィレ(行進)が始まる前のワグラム通りでは子供達が戦車に
またがり、記念写真を撮ったりしている。


e0029085_0243575.jpg

こういう時の軍隊の人はとても優しくて愛想がいい。
だって、今日はお祭りですから。


e0029085_0262494.jpg

いよいよシャンゼリゼをスタート地点にパレード行進が始まった。
暴走族のような勢いで戦車や装甲車が走っていく。


e0029085_0273696.jpg

歩くのも大変なぐらいの人混み。
例えて言うなら初詣の明治神宮表参道といった感じ。


e0029085_0304868.jpg

僕がココに来たのは、これを撮るため。
三色の煙をひきつれて凱旋門の彼方からやって来る。

e0029085_0392317.jpg


e0029085_0324193.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


青空を切り裂き、ジェットの轟音が響く。

そして瞬く間に天空を駆け抜けていく姿は見ていて

実に気持ちがよい。



この日の夜に行われたエッフェル塔前の花火大会の様子を
見たい方は明日の記事をお楽しみに。

今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-17 00:33 | パリの年中行事
2006年 07月 14日

今日のエッフェル vol.32 今年の夏の夜

e0029085_5262450.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


今週も忙しい。

いや、忙しくさせていただいている。

気がつくと夜の10時を過ぎていた。

エッフェル塔の前を通っての帰り道。

今年にはいって夏の夜のエッフェルを

撮っていないことに気がついた。

近所なのでいつでも撮れるさ、と

足を踏み出したが、立ち止まった。

この空の青さは夏だけのものと思ったから。

今日のエッフェルは今日撮る。

それだけのこと。



(撮影解説)
あまり、面白くなかったと思うので撮影の解説をします。
夜景の撮影はISO400以下の低感度で三脚を立てて撮影するのが
基本です。三脚を持っていない時は何らかの方法で身体の一部を
動かないものにつけて安定させるのがコツ。例えば、台やテーブルの
上に肘を三角形を作るようについて安定させる。肩を建物や柱に押し
つけるようにして安定させる。肘から手首にかけての部分を押しつけて
安定させる、などの方法が一般的。シャッター速度が1/15秒以下に
なる時はともかく頑張って多めに撮ること。ブレていないカットがあれば
オーケーだが、これ以下のシャッター速度では誰でもブレてしまうので
何回撮っても大差なくブレます。
次に構図ですが、上の写真はあえて上の部分で青を大きめの余白とし、
下の部分は黒くつぶれて何が写っているのかわかりません。このような
構図で撮影するのはなぜであろうか。余白をつくる構図は空間を強調
する他に雑誌や広告のための構図とも言えます。一般の方が年賀状を
自分の写真で作る時を想像してみて下さい。上の青い部分はタイトルや
メッセージを書くための余白ということです。また、下の部分に自分の
連絡先などを白い文字で入れるとすっきりと読みやすくなるでしょう。
このように後で写真をどのように使うかを考えて、どの部分に心地よい
余白をつくろうかと考えて構図をきめているわけです。一見、寂しそうに
感じる構図なのですが、文字を入れることによって調和がとれることを
考えて写真を撮ってみるのも面白いのではないでしょうか。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-14 05:36 | エッフェル塔
2006年 07月 13日

『楽園』vol.4 エクス・アン・プロヴァンス後編

e0029085_5442295.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


南フランスのおおらかな自然は豊かな恵みを与えてくれる。

自家菜園で穫れたばかりの野菜は味わいも深い。

人々の笑顔も印象的だ。

エクス・アン・プロヴァンスの人々は、この地の太陽のように明るい。



e0029085_5503290.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ひまわりの花が青空に笑顔を向けている。

熱く乾いた太陽と時おり吹き抜けていく風が心と身体を癒してくれる。


さて、今回の取材はこの地にある有名なレストラン・ホテルを日本に紹介する
という趣旨なのだが、仕事の撮影なので媒体の関係で僕の個人的ブログでは
このぐらいの事しか、お見せすることが出来ないことをご了承下さい。

見て下さる皆さんに、つかの間でも南フランスの太陽の薫りを感じていただければ、
と思った次第です。



e0029085_602556.jpg


撮影は無事終了し、再びTGVに乗ってパリへの帰路につく。


e0029085_62156.jpg

名残り惜しむように車窓からの景色に目をこらす。

地平線と牧場が見えると、いつも心が弾む気がする。



e0029085_65710.jpg



そして、人生という旅は続いていく。



『楽園』vol.4 エクス・アン・プロヴァンス編 終了。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-13 06:06 | パリの楽園
2006年 07月 12日

『楽園』vol.4 エクス・アン・プロヴァンス前編

e0029085_6495423.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ワールドカップ決勝の翌日、午前5時半。
仕事の撮影でエクス・アン・プロヴァンスへ行くため、
僕は夜も明けきらないリヨン駅にいた。

エクス・アン・プロヴァンスはパリから南へ約600キロ。
マルセイユの一歩手前といった場所にある。


e0029085_6562880.jpg

TGV(フランスの新幹線)で約3時間。
TGVエクス・アン・プロヴァンス駅は田舎のなかに忽然と現れたモダン建築。
ここへ来たのは初めてだが、なぜか越後湯沢駅を思い出してしまった。


e0029085_743394.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


エクス・アン・プロヴァンス駅からタクシーで約1時間。

そこは、まさに南フランスの『楽園』


e0029085_77812.jpg



射るような強い南仏の太陽が降り注ぐ。

揺れる水面の輝きに僕は心を奪われた。



この続きが読みたい方はコチラをクリック、
よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-12 07:14 | パリの楽園
2006年 07月 10日

ワールドカップ決勝当日のパリ

e0029085_8525198.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



7月9日午後8時2006年ワールドカップの決勝フランス対イタリア戦が
行われた。結果についてはご存知の方が多いと思うので、今日は僕が見たその日の
パリの雰囲気をつたえられればと思う。


e0029085_8562977.jpg

朝からこのユニフォームを着た人を何人みただろう。
道行くクルマはクラクションを鳴らし、テレビはずっと特別番組を流している。

e0029085_8583493.jpg

そして午後8時。交通量の激しいシャンゼリゼ大通りにクルマのかげも
まばらになる。

e0029085_901184.jpg

僕はシャンゼリゼから一本内側に入ったカフェで観戦することにした。

e0029085_914730.jpg

まずは1−1の同点で前半を終了。

e0029085_925135.jpg

フランスの勝利を確信し、路上でもハーフタイムに応援合戦が行われる。

e0029085_954716.jpg

応援はフランスばかりではない、ちょいモテオヤジはイタリアを応援。

e0029085_99481.jpg

試合は1-1のままPK戦へと、もつれこむ。

e0029085_9104216.jpg

あと一歩のところでフランスはイタリアに敗れた。

e0029085_9114261.jpg

それでも人々の足は凱旋門へと向かう。

e0029085_912373.jpg

花火、爆竹、ロケット花火が飛び交い、暴動になるのでは、、、

e0029085_9134659.jpg

と、思ったが要は「用意してきたので使っちゃえ」ということらしい。

e0029085_915737.jpg

凱旋門にたどり着くと「人々はジズー(ジダンの愛称)を愛している」と
ライトアップされた文字が浮かんでいる。

e0029085_9171613.jpg

フリーキックの他に決めてくれたのは頭突きだったジダンの顔が
凱旋門の壁面に大きく映し出されている。

e0029085_9193819.jpg

試合の結果は残念だったが、人々は盛り上がる。
なぜなら盛り上がること自体が好きだからだ。

e0029085_9213455.jpg

そして、最後のメッセージが映し出される。

「ありがとう フランスチーム」

暖かい国だなと、僕は思った。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-10 09:07 | エッセイ
2006年 07月 09日

ワールドカップ決勝 〜パリ〜

e0029085_724969.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ



ひさしぶりに休息をとった。やらなければならない事はさておき、昼寝。
そして、バーゲンへ買い物に行った。パリのバーゲンは「ソルド」と言われるが今年は
「ソルディスィメ」という安売りの最上級のような造語が流行っている。


e0029085_781324.jpg


買ったのは『滑りにくい』バスケットシューズ。
これで足元は万全。さあ、行こう。


e0029085_7102541.jpg


シャンゼリゼは三色旗で埋めつくされている。

そう、明日はワールドカップ決勝フランスVSイタリア戦。

いよいよパリは燃えてきた。


e0029085_7125889.jpg

子供も

e0029085_7135130.jpg

タクシーの運転手さんも皆が応援している。

e0029085_715583.jpg

ジダンよ、最後の試合を

e0029085_7161170.jpg

決めてくれっ。

e0029085_717499.jpg

FIFAワールドカップ2006決勝は7月9日現地時間午後8時キックオフ。

e0029085_7192279.jpg

この日パリがどうなるのか知りたい方はコチラをクリック
よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-09 07:21 | エッセイ
2006年 07月 07日

パリの犬 vol.3 休むこと

e0029085_2103538.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



最近、このブログの更新がなかなかできないこと。また、仕事の撮影が
多く日常のブログのための写真がなかなか撮れないことをお詫びいたします。

多忙、過労に睡眠不足。ブログの休止も考えました。しかし、毎日この僕個人のサイトを
楽しみにして下さる方がいる。それを考えるとなんとか頑張ろうと思っていた。それでも
無理は写真や文章にも現れてしまう。どうしたものかと思っていた。

先日、駅の階段で足を滑らせ、転倒。滑りやすいクツを履いていたのが原因だった。

悪いことは重なるもので、僕自身の怪我はたいしたことはなかったのだが、カメラは重傷。
頑丈なはずの金属製のボディがひしゃげてしまった。ゴム製のグリップ部は歪みダイヤル
もスムーズに回らない。「ゴメンな、ぼんやりしていて」僕のかわりに傷を負ってしまった愛機
に申し訳ない気がした。その足で修理に出しに行った。相当の日数がかかる上、修理不能
の可能性もあるという。結局、30分後には新しい同じ機種のカメラを買った。

考えてみたら、いつの間にやらパリに拠点を移して1年が過ぎていた。

ずっと、走りつづけていた。

中田選手の引退宣言のなかに「人生は旅であり、旅は人生である」という一文がある。
この文に共感を覚える。

すこし、休むことにした。

明日はきっと元気がでるはずだ。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-07 21:03 | パリの犬
2006年 07月 06日

恋するパリ vol.27 『人』という字

e0029085_042510.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



芝生の上で寝そべる恋人達の姿が『人』という字にみえた。

『人』という字は人間同士が支えあう姿に由来するという話をきいたことがあるが、

人間同士が愛し合う姿に似ているから、と考えるのもロマンティックかも知れない。

『入る』という字にも似ているように見えるが、、、

とりあえず深く考えるのは、やめておくことにした。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-06 00:16 | 恋人
2006年 07月 05日

働くオジさん vol.1

e0029085_0554358.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ



「パリの街はきたない」

と言った日本の人がいた。

「どこがですかっ」

パリという街の美しさを愛してやまない僕は

ケンカを売られたとばかりにムキになってきいてみた。

「だって、ゴミがたくさん落ちている」

その答えに、「まあ、確かに」という他ない。

「しかしゴミが落ちているとかの問題ではなく、旧い街並を守りそれを、、、、、」

その場は反論してみたものの、確かにパリには多くのゴミが落ちている。

それは国民の道徳性の違いに由来するものと僕は思う。

フランスではゴミやタバコをポイ捨てすることはそれほど道徳には反しない。

しかし、ボンジュールやパルドン(おはようございます、失礼)と言わないことは

著しく道義に反する行為となる。一方、日本ではゴミのポイ捨ては白眼視されるが

人に肩が触れようが無言で目も合わせない人が多い。道徳や倫理とはかくも地域的な

違いがあるもの。日本ではゴミを捨てさせないためにゴミ箱をなくし、パリではゴミを

捨てるならゴミ箱へと、10メートルごとにゴミ袋を設置する。その解決方法はその国

それぞれなのであるが、根本的な考え方の違いを感じることはある。

さて、今日の写真はシャンゼリゼの清掃車。まるで巨大な掃除機のような特殊車両に

乗った人が今日もパリをきれいにしている。見たこともないほどの大きな掃除機に

跨がっている姿はユーモラスですらある。こんな特殊なクルマがパリには何種類もある。

美しきパリはこうした人々の努力の上に維持されているのだ。

「働くオジさん、今日もありがとう」

ふと、そんな声をかけたくなる。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで


by paris-tsuzuki | 2006-07-05 00:57 | 街角
2006年 07月 03日

ファッションフォト vol.4 自由に撮ること

e0029085_1015329.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



この写真はもちろん偶然撮ったものではない。

2人のカメラマン役をスタッフに頼みモデルのポーズも指示している。

メインのストロボとカメラマン役のカメラの小型ストロボを同調させて

合計3台のストロボをワイヤレスでコントロール。さらにカメラマン役の持つ

ストロボで画面に逆光をいれつつ、モデルの髪の後頭部にアクセントをいれている。

3人の位置関係やポーズをコントロールするのは大変だが、とても楽しく撮った。

基本的に自由に撮れる撮影の場合、全ては自分の想像力の中から生まれてくる。

「誰もが写真に撮りたくなるような素敵な女性」というアイデアから出発し、

それを実現するためのライティングのアイデアをひねりだす。

しかし、想像した通りに全てが上手くいくわけではない。

現場で試行錯誤しながら、限られた時間の中でトライしていく。

仏語、英語、日本語の3カ国語に身振り手振りでイメージを伝え

3人のポーズ、表情、タイミングを合わせていくのは大変だ。

それでも、だんだんキマってくると現場はどんどん楽しくなる。

自由に撮るということは、楽ではないが楽しいことだと思う。

こういった撮影はスタッフの協力なしでは不可能。

ご協力に感謝します、ありがとうございます。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-03 10:37 | ファッション