<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 31日

ワインの郷 ボルドーへ  vol.2

e0029085_5203177.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


午前6時。モンパルナス駅からTGVに乗りボルドーへ向かう。

パリの南西、約300キロ。TGVで約3時間の旅となる。


e0029085_5275070.jpg


TGVボルドー・サン・ジャン駅からタクシーで北へ約45分。

いわゆるミシュランで星のつく高級レストランでシェフとその料理を撮影する仕事。

東京時代も撮影の仕事で北海道から沖縄まで、およそ全ての地方を訪れている。

仕事を通じて様々なものを見て撮影するチャンスがあることは幸運だと思うが、

いつも思うことは、もっと時間があれば、、、。

タクシーの車窓から一瞬を惜しむようにブドウ畑の写真を撮る。



e0029085_5371669.jpg


レストランではシェフが笑顔で出迎えてくれる。

「ああ、君か。元気かい」と気軽に声をかけてくれる。

パリで一度だけ撮影をしたことがあるシェフだったが、

取材の類いを一日に何件も受けている有名なシェフが

僕の顔を覚えていてくれて嬉しかった。

無事に撮影は完了。

「もちろん昼食は食べて行ってくれるだろうね」

というシェフの言葉に断るすべもない。



e0029085_5463114.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


なみなみとグラスに注がれるワインはもちろん最高級のもの。

e0029085_5473620.jpg


e0029085_5485123.jpg


e0029085_5492623.jpg


日本贔屓のシェフが作る料理は、かなりエキセントリック。

器に日本的な雰囲気を取り入れ、盛り付けは伝統的フランス料理というより

かなり現代美術や前衛的なアートを感じさせるモダンで大胆なもの。

その料理の味は「どう、びっくりした?」 とでも言いたげなシェフのいたずらっ子の

ような笑顔が想い浮かぶほどに面白い。



e0029085_641456.jpg


そして、またタクシーに乗ってTGVの駅へと向かう。

のどかにして豊かなブドウ畑が続くボルドーの地。

「いつかプライヴェートでゆっくり撮影しよう」

そう思いながら忙しさに飲み込まれ、どこにも行けなかった東京時代。

同じになってはいけないなぁ、と考えているうちに睡魔におそわれる。

毎朝4時起きが続き、おいしい料理とワインを御相伴にあずかれば、

まぶたは重くなる。僕はタクシーの中でつい、うとうとしてしまった。

ふと目を覚ますと渋滞の中にいた。腕時計をのぞくとTGVの発車時刻まで

あと、数分。間に合うのだろうか?

結局、タクシーの運転手は特に急ぐ様子もなく、僕達はTGVに乗り遅れた。

「間に合うって、言っていたのに!」

タクシーの運転手は悪びれる様子もなく

「あ、間に合わなかったね」と言って走り去っていった。

予想していなかっただけに一瞬、アタマが空白となる。

あまりにもフランス的な事態に僕達取材陣はただ呆然とした表情で

立ちつくしていた。



この続きはまた明日。


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-31 05:52 | エッセイ
2006年 07月 28日

ワインの郷 ボルドーへ  vol.1

e0029085_8454563.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


南仏からパリに帰った翌日、

今度はワインの郷 ボルドーへと向かう。



この続きは明日以降。

今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-28 08:49 | エッセイ
2006年 07月 27日

TGVの車窓から

e0029085_6583022.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


夜明け前にガール・ド・リヨン駅に着く。


e0029085_71014.jpg


TGVで再び南仏へ。


e0029085_722775.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


車窓ごしに昇る朝日を見た。


e0029085_734858.jpg


東京やパリのような都市部に暮らしていると地平線を見ること自体が珍しい。

何でもないフランスの田舎の風景。

車窓ごしに眺めているだけで、なぜか心安らぐ気がする。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-27 07:08 | エッセイ
2006年 07月 26日

『デリカ バー 』セバスティアン・ゴダールの世界

e0029085_61581.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ル・ボン・マルシェというデパートの2階にDelica bar というカフェがある。

気鋭のパティシエ、セバスティアン・ゴダール氏の手によるデザートは繊細にして新鮮。



e0029085_675152.jpg


「日本人はモンブランが好きなんだよね」

そう言ってセバスティアンは笑顔でモンブランをすすめてくれた。



e0029085_6135878.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


モンブランの中から鮮やかにしてさわやかなフルーツの味わいが

パっと飛びだしてくるような感じ。

店内はモダンで斬新なインテリアで見ていても楽しい。

僕のおすすめはテラス席。

心地よい風を感じながら上質な時間を過ごせるはず。



< Delica bar >
Le Bon Marche
26-38 Rue de Severes 75007 Paris
tel:01 42 22 10 12


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-26 06:23 | パリのカフェ、フード
2006年 07月 25日

ツール・ド・フランス最終ステージ パリ

e0029085_492453.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


7月23日午後3時。パリは男達の到着を待ちこがれていた。
沿道にはすでに人があふれかえり歩くことも困難な状況。薄曇りとはいえ気温は30度を越え
人いきれでむせかえるような暑さだった。僕は何とか良い撮影ポジションを確保しようと
ファッションショーの時に使うアルミ製のカメラバッグの上に登る。しかし、この体勢の
まま約2時間も待たさせるとは思ってもいなかった。

ここで簡単にツール・ド・フランスの歴史について。1903年に第1回大会が開かれてから百年
以上の歴史をもつフランス最大の自転車レース。戦時中に中断されたこともあり、今年で
93回目を迎える。7月1日から約3週間をかけてフランスを1周してきた。
3600キロに及ぶ過酷なレースはパリで最終ステージとなる。連日テレビでその途中経過や
生中継が放映されてきた。とりわけワールドカップ後はツール・ド・フランスに国民の感心が
集まることになる。日本でいえば、正月の箱根駅伝を3週間やっているような感じ。そして、
最終日のパリは有終の美といった意味合いを持っている。


e0029085_4323830.jpg

午後3時を過ぎて、周囲の雰囲気が盛り上がってくる。
そして、まずはスポンサーの宣伝カーのパレードが始まった。


e0029085_435186.jpg

e0029085_4355716.jpg

次々と奇妙かつユーモラスなクルマの行進が続く。

e0029085_4373397.jpg

e0029085_4383471.jpg

革命記念日の戦車や装甲車の行進よりもヴァラエティに富んでいて
華やかで楽しげな雰囲気だ。

e0029085_4401577.jpg

日本にいた頃、ツール・ド・フランスをテレビで毎年のように観戦して
いたのだが、この宣伝カーのパレードは見たことがなかった。ツール・ド・フランスという
イベントがいかに大きなものかを改めて実感する。それにしてもユニークなクルマが
多い。まず日本では車検に通らないだろうなと一瞬、考えてしまった。

e0029085_4493649.jpg

帽子、Tシャツ、記念品といったグッズも多く売られ皆が嬉しそうに
着ている。派手な広告というよりも派手なお祭りが好きな国民ということであろう。

e0029085_4523876.jpg

そして、午後5時。先導するオートバイや中継車の後から
ようやく勇姿があらわれた。

e0029085_4545542.jpg

ほんの数メートル先でデッドヒートが繰り広げられる。

e0029085_456396.jpg

ここでパリの周回コースを簡単に説明しよう。セーヌ川沿いにパリに
入ったツールの一団はルーブル美術館の東の端からリヴォリ通りへ進む。そして、
コンコルド広場からシャンゼリゼ大通りを凱旋門の手前でUターン。再びコンコルド広場
からセーヌ沿いをルーブルの東まで行きリヴォリ通り、という周回コースを何周もする。

e0029085_532959.jpg

e0029085_541368.jpg

パリでのステージはレースというよりもデモンストレーションに近い
ものだが、間近で駆け引きなどが見れることがとても嬉しい。

e0029085_564793.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


吹きすさぶ熱風をかきわけるようにして進む。


e0029085_585133.jpg


そして、今年のツール・ド・フランスは歓声の中を一瞬にして

走り去って行った。



楽しんでいただけましたら、今日も応援のクリック
よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-25 04:18 | パリの年中行事
2006年 07月 24日

ツール・ド・フランス2006パリ最終日<予告編>

e0029085_10124874.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


7月23日現地時間午後5時、ツール・ド・フランス最終日。

歓声と共にフランス中を沸かせた猛者達は凱旋門を目指す。

この続きが読みたい方は明日の記事をお楽しみに。

今日も応援のクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-24 10:18 | パリの年中行事
2006年 07月 22日

パリへの扉 vol.2

e0029085_6364084.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



気がつけば、急ぎ足で歩いていることが多い。

それでも、ふとした好奇心から路地へとはいる。

足を止めれば、美しい時間に出会える。

このテーブルで、どんな話をするのだろう。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-22 06:48 | パリへの扉
2006年 07月 21日

恋するパリ vol.28 バカンス

e0029085_7183614.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


7月14日を過ぎると人々は逃げるようにバカンスへと向かい、

街を活気づけていた人の姿が日を追うごとに少なくなる。

夏の太陽だけが人の少なくなったパリを容赦なく照りつける。

暑さから逃れるようにメトロの階段を地下へと降りると、

氷室のような静寂とひんやりとした冷気を感じる。

バカンスといえば恋。

幸福という果実はすべての人をロマンティックにしてくれる。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで




長い文章を読みたい方は、比較文化論エッセイ『スペースアルク都筑清のパリ暮らしエッセイ』まで



by paris-tsuzuki | 2006-07-21 07:31 | 恋人
2006年 07月 19日

酷暑とインスタレーション

e0029085_8132610.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


パリは今、記録的な猛暑におそわれている。

連日、気温は30度をこえ、そよ風も吹かぬ暑い日々が続く。



e0029085_8164395.jpg

原則としてエアコンのないパリで涼しいところと言えば教会。


e0029085_8185973.jpg

オーストリッツ駅から3分ほどの「病院大通り(ブルヴァールロピタル)」
沿いにサンルイロピタル教会がある。


e0029085_822442.jpg

分厚い木の扉を押し開けると、中からひんやりとした冷気が
身体をつつみこむ。

炎天下を歩いてきただけに、思わず安堵のため息すらでる心地よさだ。

そして、ここでは各国のアーティストによる現代美術のインスタレーションが

展示されていた。最初はそれとも気づかぬ程、そのインスタレーションと教会

という空間が調和していた。


e0029085_827049.jpg


歩く足音さえも響く静謐さが、教会という独自の空間を作り出して
いると、いつも感じる。


e0029085_830915.jpg

その静謐な空間で、作品を通じて作者との対話というか、
この人はこれをこういう形で表現しているのか、などど自分なりの解釈や
感想のようなものを考える時間もまた楽しいひと時。


e0029085_8351049.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


教会から一歩、足を踏み出せばまた、強烈な陽射しにさらされる。

それでも、ひと時の癒しとリラックス出来る時間を持つことが出来た。

日本にいる時、モダンアートの展覧会に行くと奇妙な違和感を持ったことがある。
奇妙な違和感とは、「モダンアートはモダンアートらしく」といったニオイというか、
規制というか、日本的なカテゴライズをすごく感じてしまったのだ。これはアート
だけではなく、社会全般の傾向とも言える。すなわち、とてもタイトで緊密な社会が
『○○は○○らしく』あるべきだという心理的な圧迫を与えているようにすら思う。
この考え方ないし世界観からはアートでさえも必然的にカテゴリー化して、オリジナリティ
とは無縁のものとなる。すなわち、○○らしくという発想の根本はパロディないし模倣、
あるいはコピーを求め続けることになるからだ。

くらくらするような酷暑の中、インスタレーションとアートそして日本社会の価値観に
ついてまで思いをはせ、めまいを覚える。

ただ、インスタレーションとして見た時、日本のこれみよがしのいかにもモダンアートです。
どうです、わからないでしょう。それが、モダンなのです。という事だけが分かり易かった
展示と比べると、教会の中のインスタレーションはとても自然に僕は感じることが出来た。

興味のある方はこちらに足をお運びになってみてはいかがでしょうか。

e0029085_854326.jpg

今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-19 08:55 | 美術館
2006年 07月 18日

今日のエッフェル vol.33 キャトルズ・ジュイエの夜

e0029085_682455.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


7月14日 キャトルズ・ジュイエの夜はエッフェル塔前で
恒例の花火大会が開かれた。去年はフランスにおけるブラジル年だった
のでサンバやボザノバの音楽に合わせて花火が打ち上げられた。

今年はモーツアルト生誕250周年にあたるため、モーツアルトの音楽に
のって花火があがる。


e0029085_6143630.jpg

パリはこの季節、日没が午後9時過ぎなので花火大会のスタート時刻は
午後10時半。この時刻になって、ようやく空は暗くなる。

この日は午前中に凱旋門に行った後、午後からは仕事の撮影。
友人の編集者T氏が花火大会の席取りをしてくれた。
開始時刻の30分前にようやく人混みをかきわけるようにして会場に辿り着く。


e0029085_6261043.jpg

花火大会はいよいよ佳境へと入る。

幻想的なまでの赤くまばゆい光。

夜空に木霊する花火の音。

そして、モーツアルトの調べ。


e0029085_6444950.jpg

良い季節になったものだと、あらためて実感する。

パリは今、昼も夜も光と色彩にあふれている。

不意に何ヶ月か前の冬の日々を思い出す。

あの頃、光は閉ざされ街はモノクロの影に支配されていた。

それが今では、色と光にあふれかえっている。



e0029085_6373893.jpg


この素晴らしき季節も一瞬。

だからこそ、生命のありどころを感じるのかもしれない。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-18 06:39 | エッフェル塔