「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 20日

映画「ダ・ヴィンチ・コード」評

e0029085_8139.jpg


まずは応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ



パリでも話題沸騰の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観に行ってきた。
その関心の高さから珍しくパリの映画館の前に行列ができるほどの人気ぶりだ。
メトロのホームに大きな看板がいくつも立ち、パリの書店では平積みにされるほど
本も売れている。

ただ、カンヌ映画祭では失笑をかう程、評価は低い。一方、一般客のウケは悪くは
ないなど、映画に対する評価は様々。そこで、自分の目で確かめてみようと思った。

パリは日本に比べると映画の料金は安いので何度か映画館には足を運んでいる。
しかし、公開直後とは言え、これほど映画館に人が入っている映画は見たことが
なかった。

さて、僕の見た映画の感想ですが、はっきり言って「微妙」です。

ちなみにこの映画、ハリウッド製なので英語にフランス語字幕だろうと高をくくって
いたのだが、パリではフランス語に吹き替えられていました。原作を日本語で読んで
いなかったら、まず僕のフランス語力ではわからないぐらい説明を語る部分が長かっ
た。確かに原作を忠実に映画化しようとの試みは感じる。しかし、ともかく俳優さんが
謎解きについて長々とセリフで説明している。それを単調に感じさせないように涙苦ま
しいほどにCGを駆使した映像が回想シーンのように組み込まれている。正直に言って
映画としてはこれでいいのだろうか、、、という疑問がわかざるをえない。

カンヌで失笑をかった、クライマックスでのオドレイ・トトゥのセリフはさらに、微妙。

『アンクロワイヤーブル(信じられないわ)』と言うシーンでは館内に失望ともつかない
なんとも言えない空気が漂った。わかりやすく言えば「わぁ、クサ〜」みたいな感じ。

この映画、僕の個人的評価は☆3つを満点とすると、☆1つから1つ半。

原作小説のイメージが強いものを映画化することの難しさをあらためて感じました。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-20 08:29 | エッセイ
2006年 05月 19日

Paris Style vol.4 アーティストの部屋

e0029085_823416.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



パリは芸術の都。この街にいると実に多くのアーティストと出会う。

ご覧の写真はグレゴワールの部屋。

こんな部屋に住んでいるいる人はパリでも

ほんの一握りの人達にすぎない。

しかし、ちょっとしたものを素敵に感じるという

気持ちが大切なのだと、あらためて思う。

さて、こんなパリジャンのインテリア特集が現在

発売中のPOPEYE6月号に掲載されています。

僕が撮影を担当したのは172ページから。

生活を楽しむパリのライフスタイル情報満載。

ぜひ書店でお買い求め下さい。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-19 08:33 | パリのライフスタイル
2006年 05月 19日

今日のエッフェル vol.29 メトロ6号線

e0029085_675460.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



凱旋門からセーヌ左岸を半円を描くように走るメトロ6号線。

地下鉄とは言え15区から13区にかけては高架橋の上を走って

いるため、6号線からはパリの街並を眺めることができる。

セーヌ川を渡る時にはエッフェル塔が見える。

パリに住む人達もちょっと首を下げるようにして

車窓からエッフェル塔を眺めている。

ちょうど新幹線から富士山が見えた時に

ふと眺めてしまうのと同じようなもの。

見慣れていてもチラリと見たくなるものだ。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-19 06:21 | エッフェル塔
2006年 05月 17日

パリの楽園 vol.2 ジョルジュ・ブラッサンス公園

e0029085_6524295.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



15区、パリ市ほぼ南の端に ジョルジュ・ブラッサンス公園という
フランスの国民的歌手の名を冠した楽園がある。


e0029085_704275.jpg


ヴォージラール屠殺場の跡地が1985年、公園として生まれ変わった。
土日の週末には古本市がたつことで有名なこの場所はかつての馬市場。



e0029085_764421.jpg

右手のハンドルを回すと湧き水が出てくる。

季節ごとの花から、池、噴水、展望台。

小さな葡萄畑まであるこの公園は

パリに暮らす人々にとって、まさにオアシスのような場所。


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-17 07:14 | パリの楽園
2006年 05月 16日

タルタルな季節

e0029085_8134884.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



パリも微妙な陽気が続いている。

朝方はさわやかに晴。

午後は曇ったかと思えば、突然の雷。

着る服も半袖の翌日はコートかブルゾン。

寒い朝でも、午後にはTシャツ一枚になりたくなる。

そんな気候のため、パリでもにわかにカゼが流行。

食欲がない時にも食べやすいのが「タルタル」。

ケッパー、ペッパー、ピクルス、オニオンの薬味に

タマゴの黄身を力一杯、混ぜていただく。

(ここで解説)「タルタル」とは牛の生ひき肉の料理。
その呼び名は、生肉を食べる習慣のあったタタール人の
習慣に由来する。カフェの定番料理のひとつ。

この涼味と酸味を楽しめば、季節の変わり目も

乗り越えられる。

春から夏はタルタルな季節。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-16 08:24 | パリのカフェ、フード
2006年 05月 15日

パリジャンのポートレート vol.5 ラテンの男

e0029085_6275829.jpg

 
この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


 
彼はラテンの男。


 
e0029085_632146.jpg

 

パリという都会に野生が香る。



今週も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-15 06:36 | パリジャン
2006年 05月 14日

パリからの花束 vol.24 日本の母の日

e0029085_639346.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



今日は確か日本では「母の日」にあたるはず。

フランスの「母の日」は5月28日。

なぜか日本より2週間ほど遅いことになる。

自分の胸に手をあてて考えてみるに、

残念ながら親孝行らしいことはしていない。



「今日はこんなバラを見つけました。

 いつも、そして今まで、ありがとう」



このバラを日本にいる母と皆さんに贈ります。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-14 06:49 | パリの花
2006年 05月 13日

パリなんでも相談室Q&A vol.3 コンパクトカメラ選び

e0029085_1421032.jpg


ひさしぶりに「パリなんでも相談室Q&A」のコーナーです。

さて、皆さんからいただく質問で多いのが美術館やカフェといった室内で
ブラさずに確実に撮る方法を教えて欲しいといったもの。今日はカメラ選び
のポイントについてお話します。

ブラさずに撮る方法は「息をとめる」とか「テーブルに肘をついて安定させる」
などの方法もありますが、人間が撮る以上、限界がある。そこで、これからの
旅行シーズンに備え新しいデジタルカメラを買い替える方が簡単。しかし、
これだけ多くの新製品が次々と出てくる日本では、どのカメラを買ったら良い
のかわからなくなってしまう。そこで、以下の3条件を満たすカメラをオススメ
としておきます。

1、ISO感度が800から1600まであるもの。
2、手ぶれ補正機能を内蔵しているもの。
3、広角域が35mm換算で28mmからのもの。

この3条件となる理由について
1、ISO感度が800から1600まであるもの。
暗いところで手ぶれする原因はシャッター速度が遅くなることにある。これを
解決するには高感度の設定が出来るデジタルカメラが使いやすいということ。
内蔵のフラッシュを焚けばとりあえずは写るが見た感じとは違うものになって
しまう。また、パリの美術館ではフラッシュを禁止にしているところも多い。ただ
高感度にすると画像が荒れてしまう傾向がある。そのため必要に応じて感度を
上げるのがコツ。

2、手ぶれ補正機能を内蔵しているもの。
感度を上げると画像が荒れてくるので、本当はなるべく低い感度で撮りたい。
その時にカメラ側で手ぶれを防いでくれるのが手ぶれ補正機能。メーカー
各社が競ってこの機能を強化している。ただ、この機能を使うとカメラがブレ
を計算したりしているので、やや時間がかかりシャッターを押すタイミングが
ズレることがある。やはり、この機能も自分でオン・オフを切り替えて使うほうが
シャッターチャンスを逃がさない。

3、広角域が35mm換算で28mmからのもの。
従来のコンパクトカメラの多くが35mm換算で38mmぐらいからのものが多かった。
しかし、なるべく広い範囲が写せる28mmからの機種も出ているので、出来れば
その方が便利かも知れない。ここで「35mm換算」とか「○○mm」という耳慣れない
言葉について解説しよう。「35mm換算」というのはフィルムを使うカメラで言えばと
いう意味。デジタルの時代になりCCD等のフィルムに相当する撮像素子の大きさが
カメラの種類によって異なってきている。この撮像素子の大きさによって写る範囲が
違うため「35mm換算」という従来の基準を使ってわかりやすくしている。ではこの
「○○mm」とは何か。簡単に言ってしまえば数字が小さい程、広い範囲が写る広角。
数字が大きくなれば狭い範囲を写す望遠ということ。例えば28mm〜105mmという
ズームがついている場合、28mmが広角で105mmが望遠ということ。したがって、
38mm〜135mmのズームと比べた場合、38mm〜135mmの方が望遠は強いが
広角は狭い範囲しか写らないということになる。一般に狭い場所で何人かの友達と
記念撮影をする時や部屋の内部全体を写したい時には広角の方が便利。望遠は
スポーツでも撮るのでない限りあまり使うことはない。そのため、28mmからの広角
がある方が便利なのでは、と思った次第。

メーカーおよび機種選びについて
それでは、どのメーカーの何という機種が良いのであろうか。パリにいると日本よりも
新製品の情報が遅く、機種名もメーカーによっては名称が異なるため、あくまで傾向
だけを書きます。一眼レフの場合はキヤノンかニコン。しかしコンパクトとなると話は別。
高感度に定評のあるメーカーはフジフィルムのFinePixシリーズ。手ぶれ補正は今では
各メーカーで出ているが浜崎あゆみを起用して大々的に宣伝したのはパナソニック。
好みにもよるが鮮やかな色味とデザインはソニー。コンパクトカメラ作りで定評があり、
広角レンズが優秀なのはリコーと言ったところ。

価格および画素数について
大手の量販店などで5万円ぐらいの予算があれば満足のいくものが買えると思います。
画素数は500万画素以上であれば問題なし。逆にコンパクトタイプのカメラでそれ以上
の画素数があっても画質的にはあまり変わらないことも多い。

カメラも自分の持ち物である以上、デザインや自分の好みといったものもある。自分の
相棒となるカメラを楽しみながら選んでみてはいかがでしょうか。


カメラ選びのポイント3条件。参考にしていただければ幸いです。
今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-13 02:15 | Q&A
2006年 05月 11日

雨あがりの午後

e0029085_6112597.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



雨の名残を惜しむがごとく、一粒の水滴がバラの花弁を伝いゆく。



e0029085_613327.jpg



雨あがりの午後、テラスにはいつもの喧噪とざわめきがよみがえる。

パリの雨はすぐにやむ。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-11 06:16 | 街角
2006年 05月 10日

雨のパリ

e0029085_16564869.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



雨の日が続いている。

憂鬱な雲が街を被い、冷たい雨は首筋を伝う。

テラス席という劇場は芝居が終わった後のような

静けさにつつまれている。



e0029085_17101542.jpg



「雨の朝パリに死す」というフィツジェラルドの

小説を思い出す。

雨に濡れたパリもまた美しい。

カサの下で腕を組んで歩いて行けば、

いつしか雨の日々も終わるだろう。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-05-10 17:10 | 街角