<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 06日

フランス CPE(初期雇用契約法)vol.9

e0029085_1411365.jpg

「パリ第8大学は機会均等法に反対しスト決行中」

まずは今日もクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


<CPE問題をめぐる政治的状況>

まずは3月28日以降の事態の流れをまとめてみよう。
1、憲法評議会はCPE法案に議会手続き上の問題はないと判断。
  これにより大統領が署名すれば法案は完全に成立してしまうことになった。
2、シラク大統領は国民にテレビ演説を行い、2年の試用期間を1年とすること。
  解雇の際は理由を明示すること、の2点に修正を加えて審議し直すべきとした。
3、この案に対して野党、学生、労働者は全面撤廃でなければ意味がないとして
  4月4日のデモを決行することを表明。ドビルパン首相は撤廃を否定。
4、そこへサルコジ内務大臣がこれ以上の暴動の拡大を防ぎ、治安を維持する
  ためCPEを一時凍結し政府は話し合う用意があると学生、労働者に呼びかけた。
5、4月4日にデモは行われたが4月5日学生と労働者の代表が上院議会に出向き
  話し合いがもたれた。

要するに政府側は妥協の姿勢を見せ、それに対し学生、労働者側も歩み寄る方向
へと向かっている。


e0029085_14384381.jpg


e0029085_14403158.jpg<4月4日デモ現場の様子>

3月28日のデモと決定的に違うのは
参加者の雰囲気。高校生、大学生は
いつものように元気一杯。労働者組合
のオジさん達は淡々と行進している。
そして、家族連れや老夫婦などがデモ
行進に参加できる状態になっていた。
いわゆるカスールと言われる暴力的分子
もいないとは言わないが3月28日と比べ
人数は少ないように感じられた。

デモ行進のゴール地点プラスディタリー
では、学生達は車座になって路上に座り
コーラやビールを飲みながら話し込む。
広場には大音量のレゲエミュージックが
流され実にまったりとした空気が漂って
いた。

いつもはヘルメットをかぶって撮影して
いるカメラマン達もヘルメットを手に持ち
「今日は静かだね」と話し合うのみだった。


<今後の動き、観光等への影響について>

フランスは今週末からの約2週間、春休みとなる。
そのため、この間の動きはほとんどないと見られる。
ただこれからの季節いわゆる春闘も含めて交通機関
のストは毎年行われる。ストと言っても全てが止まる
わけではなく地下鉄やバスは間引き運転がされること
となる。すなわち5分間隔で運転されていたものが10
分間隔になるという程度。多少の混雑は予想されるが
大混乱という事態にはならない模様。

主要産業が観光と言っても過言ではないパリ。
ルーブル美術館やエッフェル塔といった観光地は
通常通りの営業。警備の警官隊の人数は普段
よりも多く感じられるが、警官が近くにいるところ
は逆に安全ともいえる。

パーカーのフードを頭にかぶりダブダブのジャージ
やジーンズをはいた若者が十人以上のグループを
作っている場合、カスールの可能性があります。
これらのグループには決して近づかないように
して下さい。



とりあえず読んだ方はクッリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-04-06 14:14 | ジャーナリズム
2006年 04月 05日

フランス CPE(初期雇用契約法)vol.8

e0029085_8434417.jpg


まずは今日のクリック
人気blogランキングへ


4月4日現地時間午後4時。 CPE(初期雇用契約法)の撤廃を求めるデモが
レプブリック広場からプラスディタリー(イタリア広場)にかけて行われた。
前回(3/28)のデモと比べると今回はとても穏やかな雰囲気で行われた。
いわゆるカスールと呼ばれる過激な暴力分子の姿も少なく学生や労働者を
中心とする健全なマニフ(デモ行進)とりわけ老夫婦や子供連れの姿も多く
みられ市民運動として安全で健全な雰囲気の中で行われたことを伝えたい。


e0029085_8533736.jpg


事態の背景についての解説は明日。まずは応援のクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-04-05 08:55 | ジャーナリズム
2006年 04月 04日

今日のエッフェル vol.26 巴里の桜 その2

e0029085_51317.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



エッフェル塔前のシャンドマルス公園には何本かの桜がある。
種類は約2種類で本当に何本かぐらいしかない。日本の桜と比べて
しまうと見劣りするものかも知れないが、その何本かの桜を見つける
ことが楽しい。こうして桜をいれたアングルからエッフェル塔を撮ると、
エッフェッル塔が日本的に見えるのは僕だけだろうか。東京タワーが
エッフェル塔をモデルに設計されたという逸話をあらためて思い出した。


e0029085_5222412.jpg


「巴里の桜」また見つけたらお届けします。

今日もクリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-04-04 05:24 | エッフェル塔
2006年 04月 03日

パリの散歩道 vol.3 「パリの田舎街」

e0029085_912753.jpg
パリ20区メトロ3号線ポルトドバニョレを
降りる。駅前の広場に絶唱するエディット・
ピアフの像に圧倒される。「愛の讃歌」を
はじめ、20世紀を代表するシャンソンの
大御所の像が無造作にここにある。

像の後ろにはエディット・ピアフの名を冠し
たバーがあり、地元の人々を中心に今でも、
ライヴなどが行われているようだ。

しかし、このポルトドバニョレという場所、
パリ市内の東の端に位置するため、よほど
のことがない限り、一般の人は訪れること
はないのではなかろうか。

僕は取材のために此処を訪れたのだが、
なかなか味わい深い街である。

今日もまずはクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ



e0029085_9135766.jpg
ポルトドバニョレ駅からエディット・ピアフ広場を
南西に100メートル程で、オクターヴ・シャヌート
広場(place Octave Chanute)に出る。そこから
ポール・ストラウス通り(rue Paul Strauss)の方
を見ると小高い丘のような住宅街が見えてくる。

このような2階建ての一軒家を見てもパリの街
一般について知識がない人は何が珍しいのか、
ピンとこないのではなかろうか。

ほとんどが5〜7階建ての建物で構成されている
パリ市内では2〜3階建ての一軒家がとても珍しい
建造物ということになる。ましてやこのような住宅街
というのは日本では全く紹介されないがパリでは
貴重な文化遺産のような区域なのだ。

とりわけ、この地域になぜこのような建物の一群
が形成されるようになったかの歴史を知ればこの
区画の意義が理解できるのではなかろうか。



e0029085_9324247.jpg

19世紀後半、ナポレオン3世の統治下セーヌ県知事オスマン男爵による
パリ大改造計画が実施された。細い道が複雑に交差する城下町構造だったパリを
近代的な都市とするための都市整備が行われた。そのため古い建物の多くが壊され
広い道が建設されていった。ここに一階が店舗で二階より上は住居とするパリの基本
的なスタイルが確立されていった。しかし、かかる近代的なスタイルを善しとする人
ばかりではないのがパリ。古い建物を解体した膨大ば瓦礫をかつての石膏石切り場
に積み上げて住宅街を形成した。それが、御覧の写真の区域である。19世紀後半から
20世紀の初頭にかけて建設されたこれらの住宅街は " La Compagne a Paris "
「パリの田舎町」として貴重な一画となっている。

パリ市内にありながら2階建ての一軒家にして、庭付きの生活はある種パリジャンの
憧れのライフスタイル。

今日の話題、わかりにくかったかも知れませんがパリ通は必ずクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-04-03 09:25 | 散歩道
2006年 04月 01日

巴里の桜 その1

e0029085_521191.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


RER(パリの国鉄)B線シテ・ウニヴェルシテ駅を降りると目の前に
モンスリ公園がある。パリ市のほぼ最南端に位置するこの公園まで来ると
郊外の雰囲気が味わえる。パリの建築物を作るための石切り場だった場所が
19世紀半ば以降に公園として生まれ変わった。緑の芝生が広がる気持ちよい
この公園には何種類かの「桜」が植えられている。日本の桜並木にはとても
及ばないがポツポツと植えてある桜を探しながらこの公園を散策するのはとても
楽しい。ソメイヨシノ種も何本か見つけられたが、まだ2分咲きといったところ。

この季節、巴里の桜を見てみたいと日本人の僕は思うが、この公園に来ている
フランス人はあまり桜には関心がないようだ。

日本の桜はさすがに美しいと思うが、巴里の桜は見つけた時の何ともいえない
感動がある。「あっ、これは桜の一種だ」という程度のものなのだが、異国で
食べる日本食のような懐かしさが心の中にこみ上がる。

巴里の桜、また見つけたらお届けします。


今日も応援のクリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-04-01 05:44 | パリの花