「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 06日

パリ・コレvol.20 フィナーレ

e0029085_952192.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



Semaine de la mode a Paris

パリファッション週間が終わった。

この一週間は東京のような忙しさで
睡眠時間も減っていく。

でも、こうしてパリコレという大きな
村祭りに参加できて、とても良かった。

今年や来年の流行について、単なる
現場の一兵士に過ぎない僕にはよく
わからないのだが、最前線の現場に
いた者として、感じたことは黒か白
ばかりという印象をもった。

撮影をする上では黒はつぶれてしまい、
白は飛んでしまい易いので苦労はあった。
それでも大きなトラブルもなくこの期間
を乗り切れたことにとても感謝しています。

メールをいただいた方にも全く返信でき
ていません。申し訳ありません。
もうしばらく、お待ち下さい。


パリ・コレが終われば、春はもうすぐ。

新しい季節に向かっていこう。


本当にいつも応援ありがとうございます。今日もよろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-03-06 08:53 | パリ・コレ
2006年 03月 04日

パリ・コレ vol.19 カルーゼル・ド・ルーブル

e0029085_733415.jpg

e0029085_7342426.jpg今日はパリコレのメイン会場のひとつである
カルーゼル・ド・ルーブルに一緒に行って
みましょう。

ルーブル美術館の隣、地下2階に多目的
展示会場カルーゼル・ド・ルーブルがある。
日本で言えば東京ビッグサイト、幕張メッセ
のような場所。中はいくつかの劇場のように
部屋が別れ、それぞれの会場でファッション
ショーが行われている。 
ここ入るにはショーの招待状か、僕が持って
いるカメラマンパスのような特別な許可証が
必要。パスがあっても入口では毎回、セキュリ
ティのチェックを受ける(写真上、左奥)。
パリコレも6日目ともなれば、係りの人も僕の
顔を覚えてくれている。それでも、カバンの中
を開けないとカメラマンでも中には入れない。
寒い外の会場にくらべると、ここは中に入って
しまえば天国のような場所。中二階のエリア
にはカフェも設けられており、無料でコーヒー
も飲める。日本でいえば、水やお茶が飲める
というだけで、大したことはないのだが仕事
の前に一息つける、唯一のくつろげる時間。

イケメンのお兄さんがコーヒーを入れてくれる。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


e0029085_86096.jpg
優雅なひとときの後は、速攻で移動。
メトロの中や待機時間に食事をとる。

こんな時、駅のスタンドで買ったサンド
ウイッチがとてもおいしく感じられる。

パリコレには、その規模も含め、とても
大きなパワーを感じる。僕はその中の
末端の人間です。でも最前線の現場
にいます。

今日はメシが喰えただけでもマシです。


明日も出撃します。応援のクリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-03-04 07:35 | パリ・コレ
2006年 03月 03日

パリ・コレ vol.18 陽のあたる舞台裏

e0029085_9582712.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



パリコレが華やかなのは表舞台だけではない。バックステージと呼ばれる
舞台裏もまた華やかな場所。カメラマンがここに入るにはバックステージパスという
特別な許可が必要。すなわち、それだけ人気があるということでもある。

確かにバックステージには独特の活気がある。ランウエイではクールな表情を見せて
いるモデルが実は雑誌を見てポーズや表情の研究している姿。圧倒的にゲイの方が
多いヘア、メイクさん。彼等の個性的なファッションもまた楽しい。たまに、そういった方
から、とても親しげな微笑みをいただくと、僕はつい微笑みをかえしてしまいます。


パリコレという、お祭りには様々なドラマがある。

明日もドラマティックな瞬間が待っているはず。

寝不足ですが、明るく頑張って撮ってきます。


今日も明るくクリック、お願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-03-03 10:19 | パリ・コレ
2006年 03月 02日

パリ・コレ vol.17 カメラマンの視線

e0029085_931868.jpg
シャイヨ宮にある人類博物館で
ソフィア・ココラキのコレクション
が行われた。2004年からパリコレ
に参加しているギリシャ生まれの
デザイナー。

詳しくは4月中旬に発売予定の
"gap PRESS"で御覧下さい。

珍しく今日は快晴。美術館や
博物館でファッションショーが
行われるのもパリコレの楽しみ
のひとつ。大急ぎなのがいつも
残念なのだが、チラリといろん
なものが見れる。この博物館
に入ったのは初めて。

晴れた空にエッフェル塔が窓
ごしに見える。一枚だけ撮って
会場に入る。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ




e0029085_94336100.jpg


カメラマン席からの眺め。真ん中の白い道がランウェイ。
コレクションのカメラマン達は通称”ランウエイ・フォトグラファー”と呼ばれ、
その90%〜95%は男性で占められている。重たい機材をもって過密スケ
ジュールで移動。押し合いへし合いのポジション争い。踏み台の上に乗り
不安定な姿勢での撮影。長時間のスタンバイ。かなりの体力を必要とする
現場といえる。その割には、決してギャラは高くない。それでも男達はパリ
コレを撮る。


e0029085_1013743.jpg

セクシーな衣装のモデルが出てくると「ビューテフォー」
とかのかけ声がカメラマン席からあがる。フランス人や
イタリア人のカメラマンが多いパリコレ。ラテンなノリが
とても楽しい。日本語で言えば「いいよ、ネエちゃん!」
という感じ。


e0029085_10978.jpg

こんな視線をもらうと「おー、イェー!」とばかりに
僕もシャッターをきってしまう。


そんな時に、僕はふと思った。

確かに大変な現場だけれども、こうしてパリコレという
華やかな舞台のなかに、フォトグラファーとして参加
できるのは幸せだな、と。

その幸運に感謝しています。

チャンスをくれた人や、このブログを楽しみに見て
下さる人達に感謝します。

ありがとうございます。

まだまだ、頑張りますよ。

ナマのパリコレを伝えていきます。
一緒に体験しましょう。

今日も必ずクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-03-02 09:50 | パリ・コレ
2006年 03月 01日

パリ・コレ vol.16 イッセイ・ミヤケ 06/07AW

e0029085_12104774.jpg

イッセイ・ミヤケのコレクションが
エッフェル塔の近くで今、建設中の新しい
国立美術館で開かれた。建設中という
こともあり、入場には招待状の他に、パス
ポート等の身分書が必要という、厳しい
チェックがおこなわれた。


e0029085_12151969.jpg

e0029085_12155119.jpg

こんな感じです。もっと過激なのもありましたが
プレタ(既製服)というコレクションなので、まあ
こんな感じです。

僕は、今日はもう限界です。

でも、明日はまた新しい日なので限界ではありません。


こんな都筑に応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-03-01 12:19 | パリ・コレ