「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 11日

撮影技術解説  飛ぶ鳥を撮る

e0029085_23392987.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



アルマ橋の欄干から大きな羽音をたてて、鳩が夕暮れのセーヌ川へと、
飛び立っていく。

そんな瞬間に出くわした時、反射的にカメラを向けてしまうことがある。


今日は「反射的」な状況における撮影の技術について話をします。

まず、鳥が飛び立つ「動感」をどのように表現すべきでしょうか。僕は
写真というものを実はマンガ的に考えています。マンガは絵にセリフが
ついてストーリーになっている。日本のマンガはフランスだけでなく、
今や世界を席巻していると言っても過言ではないでしょう。そのマンガ
の描写技術は写真を撮影する上でも参考になることが、多い。例えば、
マンガでは手を振ったり、パンチを繰り出したりするとき、指や腕の
本数を多く描くことで「動感」を出す。写真で言えば、これは「ブレ」
にあたる。以前にも書きましたが、「ブレ」は写真に躍動感を持たせる
重要な要素と僕は考えています。

今日の2枚の写真を比較して見てみよう。上の写真が僕が撮ったもので、
下は、米国の大学に写真留学している学生の撮ったもの。カメラやレンズ
の画角は違うのだが、全く同じ瞬間に僕達はシャッターをきっている。
「動感」という点に着目すると、上の写真が鳩の羽が適度にブレている
のに対し、下の写真の鳩の羽が止まっているのに気付くだろう。これが
シャッタースピードの違い。上は1/100秒、下は1/4000秒。すなわち、
シャッタースピードが上がると動きが止まってしまうということ。


e0029085_23425687.jpg



では「反射的」は状況に対応するには、どうすればいいのか。それは
準備にある。つまり、あらかじめカメラの設定を決めておけば、どんな
状況でも素早く撮れる。これ以上は、専門的になり過ぎるので簡単に
書きましょう。一眼レフのデジタルカメラでスナップを撮る場合、モード
設定は通常「A」と表記される絞り優先モード。絞り値はF4。シャッター
速度が1/100秒〜1/200秒ぐらいになるようにISO値を設定しておく。
ホワイトバランスはオートではなく、光線状況によって晴天モードか
曇りモードにしておく。このあたりがポイント。参考になれば、幸いです。

大切なことはカメラの設定に縛られることではなく、見つけた瞬間に
楽しく撮ること。パリをカメラ片手に散歩するのは、最高に楽しい。
こんなに素敵な被写体にあふれる街を歩き回ること自体、本当の贅沢な
ことだと、僕は思う。




まだ、ADSL回線は死んでいます。
今日も忘れず、応援のクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-11 23:45 | エッセイ
2006年 01月 09日

それは、あまりにもフランス的な vol.2

e0029085_3225026.jpg


1月9日 午前

今日こそ、インターネット回線が復活する。期待を胸に朝を迎えた。
朝一番でフランステレコムから電話があり、修理の技術者は30分後
に到着。順調な滑り出しだ。

僕はフランス語で事態を説明し問題のモジュラージャックを指差す。
技術者は感じのいい人で、てきぱきと、回線をチェックし始める。
問題はないようだ。いや、問題があるから呼んだのだ。電話は通じる
けれどもインターネットの回線が通じていない。

「この LIVE BOX(モデムの名前)は、いつ買いましたか」

「確か、12月30日です」

「それでは回線はまだ来ていませんね、通常、二週間はかかります」

「・・・・・      」

『どーいう事なんだよ。この間、フランステレコムに電話した時には
 回線工事は終わったって言ってたじゃないか。何が通常は二週間だ。
 その間、どうしろって言うんだ。それじゃあ仕事にならないんだよ』
 と心の中で叫んでみたが、この不条理に対する怒りをフランス語で
 表現するだけの能力が僕にはない。

「それは、通常のことですか」

 怒りを押さえた声で、そう聞くのが精一杯だった。

「少々お待ち下さい。局に確認をしますから、、、」

そう言って技術者はフランステレコムに電話をかける。

そして、幾つかの部署に電話をした後、彼は専門用語を駆使して長い
説明をしてくれた。僕は耳だけでなく、目も大きく見開くようにして
必死になって説明を聞く。時折、電子辞書をも駆使しながらようやく
彼の説明を理解した。フランステレコムの中央管理センターのモデム
工事が終わっていないため、ADSL回線が使えない。いつ工事が終わる
のかは、フランステレコムに電話をしなければならないとのこと。

技術者はさっさとモジュラージャックを新品に取り替え、せっせと
請求書を作成し始める。

しかし、どう考えても納得のゆかない話だ。モデムが壊れたので新しく
した。その時、通信速度をあげるためにコース変更をした。その通信
速度をあげる工事をするのに二週間もADSL回線を切断したまま放置する
というのは、どういう事なのか。仕事にも重大な支障が生じている。
僕は頭を振りながら小さくため息をつき、携帯電話に手をのばす。

「フランソワー、今、技術者が来ているのだが、、、、」

フランソワに技術者と電話で話してもらうが、結局、同じ事だった。
請求書を見る。工事料金87.33ユーロ(約12,000円)痛い出費だ。

「ツヅキ、フランステレコムの申込書を見てみろよ。ライブボックスの
最初の一ヶ月間のモデムレンタル料が無料になっているだろう。つまり、
一ヶ月間はほとんど使えないからなんだよ」

フランソワの言葉に従い、あらためて申込書を見ると、確かに一ヶ月間
無料と書いてある。しかし、それが一ヶ月間ネットが繋がらなくなるとは
想像することすら出来なかった。その、あまりにもフランス的な事態に
僕は書類を広げたテーブルの上に額をつけ、突っ伏してしまった。


今日の文章が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ





e0029085_3242895.jpg


これがフランステレコムの誇る最新型モデム" LIVE BOX " さすがに
フランスだけのことはある。素晴らしいデザインだ。フランステレコム
のロゴマークが間歇的浮かび上がる姿は近未来的。日本で売り出せば
グッドデザイン賞ものだろう。しかし、全国から苦情の嵐が押し寄せる
ことも確実。当分の間、僕はインテリアとして楽しむ他ないようだ。




今日はもうひとつ、このような事態に陥った時のフランスの代表的な
ジェスチャーをご紹介しましょう。

まず、両方の手のひらを上に向け、唇をぎゅっと閉じる。この時、唇の
両端を下にさげるようにするのがポイント。そして、額にシワが出来る
ぐらい目を大きく開け、手のひらを外側に向けるようにしながら大きく
肩をすぼめて下さい。

さあ、パソコンモニター前の皆さんも、御一緒に!


『こりゃ、ダメだ』という場面で、フランスではとても日常的に使われ
ています。


今日もリアルなフランスが体験できたら、忘れずクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼
『こりゃ、ダメだ』のポーズに挑戦した皆様の写メールもこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-09 03:21 | エッセイ
2006年 01月 08日

それは、あまりにもフランス的な vol.1

e0029085_7574931.jpg


事の顛末は以下のような経緯をたどった。

2005年12月29日 マッキントッシュ(以下マックと略す)と
インターネットを繋ぐモデムのコードに足をひっかけ、コードが切断
された。そのモデムはとても古いタイプのもので元々マックとの相性
も悪かった。そこで、古いモデムは修理もきかないのでモデムを買い
替えることにした。どうせなら、コードをひっかけないように無線
LANにしようと僕は思い立った。そこで僕がフランスで使っている、
プロバイダーwanadooの親会社であるフランステレコムに電話をし
ようと思った。フランス語で何と説明するか辞書を引きながら、あら
かじめ構文を作ってみたが、多分フランス語で電話で説明をするのは
難しいと思い、フランス人の友人、フランソワに電話をした。彼は
笑いながら「それはツヅキには出来ないよ、僕がやってあげるよ」
フランソワの安請け合いが、後の悲劇を呼ぶとはその時は想像する
ことすら、出来なかった。

こうして、年末から年始にかけてのネット狂騒曲が始まった。

1、12/29 フランステレコムは時間がかかるので市販のモデムを買う。
  
2、無線LANにすると回線速度があげられるので、フランステレコム
  の窓口に行きコース変更をする。

3、自宅に帰りモデムをつなげるが接続出来ず、この日は終了。

4、12/30、フランステレコムに行き純正のモデムに変更し、市販の
  モデムを返品する。

5、再び、自宅でチャレンジする。フランステレコムのサービス
  ダイヤルに電話するがインターネットに接続できない。

6、フランステレコムの他の部門に電話をしたところ、コース変更
  をしたので回線工事のため翌年1/3まで回線を切断したとのこと。

7、何時間も設定を繰り返したあげくの答えがコレだった。結局、
  「日本には年を忘れる会がある」と僕は言って、フランソワと
  忘年会をした。12/30

8、1/3、回線の反応なし。1/4、回線の反応なし。撮影日程がはいって
  いたため忙しかった。

9、1/5、フランステレコムに電話。回線に異常なく工事は完了した
  とのこと。

10、緻密に分析を重ね、検証を行ってみた。なぜ、回線が繋がら
   ないのか。モデムのセッティングもマックの設定も完璧。
   フランステレコムの回線も工事が完了している。唯一、
   考えらる可能性は電話のモジューラージャックだった。

11、電話線とADSL回線の接触部分の問題しか考えれれなかった。
   そこで、接触部分を分解してみた(写真参照)。
   ココしか原因は考えられない。

12、接触部分のゆるみを締めてモジュラージャックを繋ぐ。
   回線が繋がる。フランソワと握手して、今までの苦労の
   礼をいう。完全復活。

13、愚かにも僕はジャックのカバーをしていなかったので、
   カバーをとりつけるため、いったんジャックを外した。
   それから、2度と回線が復活することはなかった。
1/5〜1/6深夜にかけて数十回、試みる。

14、1/6、近所のフランステレコムの営業所に行く。工事が
   必要だからだ。フランステレコムと修理の工事をする会社
   は別会社とのことなので、何回か電話を書け直す。


15、モジュラージャックの工事は「とても運がいいことに」
   1/9の月曜日に来てくれるそうだ。


文章にすると、とても読める量ではありませんので箇条書きにて
事態の経緯を説明させていただきました。


それは、あまりにもフランス的。一向に事態は解決の方向に向かう
様子はなく、遅々として進まない。

これが「フランス」だそうです。友人は2ヶ月も電話が繋がらなく
なったと、フランソワは笑っている。

1月9日に回線は復活するのか、乞う御期待。


e0029085_8212294.jpg



この場を借りて、フランソワに礼をいう。ありがとう。

そして、緊急のメール以外、返信出来ない状態をお許し下さい。

このような状態でもパリのマクドナルドからこのブログをあげています。
パリを伝えるために。クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-08 08:00 | エッセイ
2006年 01月 07日

ガレット・デ・ロワ

e0029085_720920.jpg


1月6日はフランスではEpiphanie(エピファニ)というカトリックの
公現祭の日にあたる。キリストが誕生した時に東方から三人の博士が現れて
神の子として公に現れたことを記念する日だそうだ(調べました)。この日、
ないし1月中は、街のお菓子屋さんにガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)と
いうケーキが売られる。折パイ生地にアーモンドクリームを詰めて焼き上げた
とても素朴なもの。このケーキを買うと、もれなく紙で出来た王冠がついて
くる。ケーキを切り分け、集まった人が順番にケーキをとる。自分がとった
分のなかに「フェーヴ」と呼ばれる陶器で出来た小さな人形が入っていたら
その人がその日の王様となる、フランスの伝統的な行事。

e0029085_735279.jpg


さあ、誰のケーキの中にフェーヴが入っているか。

近所のおじさん、おばさん的なノリがとても楽しい。



e0029085_7413251.jpg



「今日の王様はオレだー」

フェーヴが当った人は大喜び。拍手、喝采があがる。


ところで、このフランス版「王様ゲーム」、王様になったからと言って
特に王様は何らかの要求やわがままを言う様子は、ないようだ。

何かあるのでは、と日本出身の僕は待っていたのだが、特に何もない。

フランスの実に素朴な伝統的行事なのである。



今日もこんなシーンを疑似体験したな、と思ったら
忘れずクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-07 07:35 | 街角
2006年 01月 06日

パリという街 vol.18 冬のサンマルタン運河

e0029085_10295640.jpg





e0029085_10312774.jpg
水面の落ち葉を渦の中に舞い踊らせながら、
水門がゆっくりと開いてゆく。
年が明けてからのパリは3日おきに寒い日と
おだやかな日が交互にやってくる。この日は
寒さがやわらぎ、人々の表情にも余裕が感じ
られた。
パリの北東部に位置する、サンマルタン運河
は実にゆったりとしている。いわゆるスエズ
運河のように、川の高低差をプールのような
もので区切り、水位の差を調整して船は上流
へと、さかのぼっていく。
その操作はすべてマニュアル。実に人間味の
あるシステムだ。

 
e0029085_10442816.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


運河に水が満たされるまでは、思っているほど以上の時間がかかる。
しかし、見慣れているはずのパリの人達も、なぜか足を止めて見入っている。
プールのような所に水を入れて、高低差をゆっくりと克服していくさまは
何度見ても、不思議に思えてしまうもの。観光船に乗っている乗客たちは
間がもたず、実に所在なげな表情をしていたりする。


e0029085_10594991.jpg


やがて、船はゆっくりと動き出す。やっと動いたか、というぐらい
ぬるーい動きなのだが、人々の表情は晴れやかだ。

こんなサンマルタン運河を見て、僕はパリでの時間の流れかたを象徴
しているような気がした。


この雰囲気が伝わったら、今日も忘れずクリックお願いします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-06 10:45 | 街角
2006年 01月 05日

アンダーグランドの異空間

e0029085_940062.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


セーヌ左岸、アルマ橋のたもとにパリの下水道博物館ともいえる施設が
あるのをご存知だろうか。パリ市の管轄下にある、れっきとした観光名所。
しかし、パリに観光で来る人が、ここを訪れることは滅多にないのでは?
ところが、このパリの下水道は古くから小説の舞台になったり映画のロケ地
となることも多いのだ。東京時代のアシスタントのひとりが、旅行でパリを
訪れていたので僕は彼と共にカメラを持って、パリのアンダーグランドへと
潜入した。

地下の岩盤を掘削したトンネル内には、配管が天井を這うまさに異空間。映画
のセットのような雰囲気がある。

パリの下水道の歴史を説明するパネルやビデオも上映されており、それなりに
博物館といった体裁。係員の職員さんも、とてもフレンドリーな感じ。

でも、僕はここでファッションを撮ったら面白いだろうな、などと思い、アシ
スタントとカメラを構えてアクション映画の一場面のような写真を撮らせた。


e0029085_1002963.jpg


またまた、僕が写っています、悪しからず。


実は、年末から自宅のネット環境が故障し、とても苦労しています。
ネットカフェからこのブログもようやく、あげている状態です。
メールの返信も遅れております。この場をお借りしてお詫びいたします。


それでも何とか頑張っていますので、パリにこんなところが、と思ったら
今日も応援のクリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-05 09:45 | 美術館
2006年 01月 04日

パリからの花束 vol.15 花屋で展覧会

e0029085_10442917.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキ<br />
ングへ



パリ15区モンパルナスタワーの近くにLieu Ditという有名な花屋が
ある。そこで、今、日本人アーティストの油彩の展覧会が開かれている。
画家の永月水人さん初の海外個展だ。モンパルナス美術館の近くにある
その花屋さんは、ナチュラルなテイストとアーティスティックなアレンジ
に特徴がある。その店内で花に囲まれた空間にお花をモチーフとした作品
を中心に展示がなされている。中に足を踏み入れると、ほのかな花の香り
がただよい、美しい花々に囲まれた、おだやかな時間の流れている。その
壁面に永月さんの作品が調和するように飾られている。

お近くの方は是非、足をお運びになってはいかがでしょうか。

"Lieu Dit"
21 Avenue du Main 75015 Paris
Tel/ 01 42 22 25 94
1/3〜1/16 13:00〜19:00
日曜のみ休み


e0029085_983943.jpg


日本の方は、パリではお花屋さんでも展覧会が開かれるのか、
と思ったら、今日も忘れずクリックお願いいたします。
人気blogランキ<br />
ングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-04 08:44 | パリの花
2006年 01月 03日

パリのクリスマスとお正月について

e0029085_7534267.jpg


年も明けたというのに、何をいまさらクリスマスツリーの写真なのか。
そう思った日本の読者の方に、今日はパリのクリスマスとお正月のリアルな
レポートをお届けします。
まずは、クリスマス。日本では12月25日を過ぎるといっせいにクリスマス
ツリーを片付け、街は正月の飾り付けへと移行します。しかし、パリではクリ
スマスツリーを一向に片付ける様子もなく、新年を迎えます。不思議に思った
僕はフランス人の友人にコレは一体いつになったら片付けるのかと尋ねてみた。
彼が言うには、フランスにおける「ノエル」という概念は12月24日からの
約10日間にわたる「ノエル休暇」のことを意味しているので、1月3日ぐら
いまではクリスマスツリーが街の中に放置されているとのこと。わかりやすく
言えばフランス的に、片付けるのは休み明けにしようということだと思う。
一方、日本ではクリスマスが終わるやいなや、必死になって正月の飾り付けが
始まる。そして、ゆく年くる年で除夜の鐘が鳴る。一体、この国にとって宗教
とは何なのだろうか、という疑問が頭をもたげる。いや、疑問を持つ余裕すら
なく、わずか3日間の帰省のためにラッシュと渋滞という民族移動が行われる。
さらに奇妙なのは、そうした季節行事を僕達のほとんどが実際には見ることも
なく、テレビというメディアを通じて共通の体験を持っていることではないだ
ろうか。つまり、レコード大賞、紅白歌合戦に始まり、筋肉番付、隠し芸大会
年末、年始の特別番組というテレビによってしか、本当は季節感を感じられな
いのでは、と日本にいた時は思っていた。
残念ながら、この現象はパリも同様。似たりよったりの番組が放映されている。
ノエル休暇でパリの人々はまた地方に脱出し、中心部は観光客でごったがえす。


e0029085_8411816.jpg
2006年 新年を迎えた瞬間。

特に何のイベントも催されてない
のだが12月31日の午後11時
半を過ぎると街の中がざわめく。

独特の浮ついた落ち着かない空気
が街のなかに漂う。

これは、何かあるはずだと早足で
シャンドマルス公園へと向かう。

本当は、特に何もない。
ただ2006年になったその瞬間
周囲からは歓声があがり、誰かが
持って来た自前の花火が、夜空を
彩る。

人々は立ったまま、これまた持参
のシャンパンを開け仲間と乾杯。

そして、恋人達は抱き合う。



それがパリかも、と思ったら今日もクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-03 08:04 | エッセイ
2006年 01月 02日

装苑2月号 発売

e0029085_274962.jpg


今、発売中の「装苑」2月号(文化出版局)P82から
4ページにわたり、パリ・コレに初挑戦したモデルの杏ちゃん
の密着ルポルタージュ。杏ちゃんのパリの日常から、バック・
ステージの様子まで、僕が撮影を担当しました。

今号は、パリ・コレ特集。是非、書店でお買い求め下さい。


e0029085_220818.jpg



1月後半からは、今年もパリ・コレ撮影を担当します。
今日も忘れず、応援のクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-02 02:10 | ファッション
2006年 01月 01日

謹賀新年 ボナネ!

e0029085_7423764.jpg



新年明けまして、おめでとうございます。

さて、新年の巻頭は『木原 康之』さん。

シテ方観世流準職分(能の主役を演じる人)

重要無形文化財総合指定保持のお方である。

日本の伝統を伝えることに従事しておられる

木原さん、実はパリ大好き人間だったりする

親しみやすい方です。エッフェル塔を背景に

衣裳を持参で、ビシっと決めて頂きました。



僕も「日本」の精神を胸に、ラテンなノリで

本年も頑張っていく所存です。

よろしく、お願いいたします。


2006年 元旦


           都筑 清



今年もよろしくということで、今日も忘れず、
クリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・有名な方も、特に有名ではない方も
お気軽に、撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-01-01 07:44 | エッフェル塔