「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 11日

パリ16区の蚤の市

e0029085_428020.jpg



e0029085_4285225.jpg
パリ16区、ラジオ・フランス
の近くで蚤の市が開かれていた。

16区と言えば、パリでは高級
住宅街として知られる地域。
そこには、まさにマダムという
方々がお住まいでいらっしゃる。
今の季節、皆さん毛皮をお召し
になっている。左のマダムを
見た時、僕は「おお、16区」
とばかりに撮ってしまった。
実際にこういうマダムを目の前
にすると、美輪明宏か蝋人形か
という感じがする。

ところで、16区に代表される
パリの上流階級や、そのファッ
ションに対する人々の捉え方は
日本と現地であるパリとでは、
まったく違う。日本では「高級」
「上流」は良い意味で使われる
ことが多い。しかし、パリの人々
の多くは、それに対して否定的、
あるいは嫌悪している。


e0029085_591116.jpg
なぜ、高級ブランドの宝庫とも
いえるフランスの国民が「高級」
を嫌うのか。それは、この国の
歴史に由来する国民性ではない
だろうか。フランス革命の時に
は、窮乏する国民を顧みない王
を断頭台に送る激しい国民性。
人は生まれながらにして平等で
ある、というキリスト教の教え
と、生まれながらにして親から
受け継いだ財産で、のうのうと
生きている人達がいる現実との
ギャップに対する怒り、嫌悪感。
かかる社会構造は、21世紀の
現在でも、あまり変化はない。
親の財産で、良い教育を受け、
いい仕事に就く。16区に住み
高級ブランドを身につける。
この国の歴史からすれば、こう
いうライフスタイルの人々が、
大多数の国民から忌み嫌われる
のは、当然ではなかろうか。



蚤の市でみつけた、1939年製の時計。

今も変わらず、時を刻み続けている。


今日の話に「ほぅ、」と思ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-11 05:47 | パリのマルシェ
2005年 12月 10日

メトロな人々 vol.1 不条理な世界

e0029085_451116.jpg
メトロ8号線オペラ駅。
頭の上に「何か」をのせた男が
前を行く。

な、なんだ?あの頭の上にある
ものは?好奇心旺盛な僕は、
それが何であるか知りたくて
思わず後をつけていた。

男はずっと何かをのせたまま、
足速に階段を降りて行く。

僕が行きたい方向とは逆のホーム
へと男は向かう。

ここまで来たら、確かめないこと
には寝覚めが悪い。



e0029085_45424100.jpg
男は何事もなかったような表情で
ホームに立っている。周りにいる
人はチラリとは見るものの、特に
関心をはらう様子はない。この玉
は僕にしか見えない幻覚なのであ
ろうか。

僕は夢遊病者のようなあしどりで
男に近づく。

「それは、水晶?」と尋ねる。
「そうだよ」男は得意気な表情で
こたえる。「お、大きいね」それ
ぐらいしか、思いつかない。
僕は写真を撮り、「ありがとう、
じゃあ」と男に別れを告げる。

何とも間が悪い。それはまさに、
不条理な世界。

結局、あの水晶玉が何のための
モノだったのかは、わからない。


そうか、ここはカフカの作品を生んだ国だったな。
こんな不条理があっても、おかしくはないんだ。そう、自分を無理やり納得させ、
僕は反対側のホームに向かった。

パリのメトロには色んな物語がある。いろいろあるんだ、よくわらないが、、、。


今日の記事が不思議だったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-10 05:24 | メトロ
2005年 12月 09日

ガラスのピラミッド

e0029085_8225158.jpg


誰もが知っているガラスのピラミッド。
夕暮れ時に、ルーブルの前を通った。近道だったから。
パリに暮らすようになり、何の感慨もなくなった観光スポット。
しかし、足は止まった。その幾何学的な美しさに。

ガラスのピラミッドは夕暮れのブルーの中に、その幾何学的なシルエットを映し出し、
光を集め、光を放つ。

僕は、その幾何学的な美しさを幾何学的な構図のなかで、いかに幾何学的に正しく
写真を構成できるかを考えて、首を幾何学的な限界にまで下げて、撮ってみた。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-09 08:38 | 美術館
2005年 12月 08日

ノエルの街角 vol.3 フォーシーズンズ・ジョルジュサンク

e0029085_4195726.jpg


パリ8区。シャンゼリゼ大通りをルイヴィトン本店の角でセーヌ川方面
へ曲がるとジョルジュサンク大通りにでる。この通り沿いにフォーシーズンズ・
ジョルジュサンクという四つ星の超高級ホテルがある。その建物から発する「高級」
というオーラに一瞬、気おされる。しかし、ここで待ち合わせの約束があるのだ。
ビビって入れませんでしたでは、すまされない。一応、ジャケットぐらいは羽織って
きたものの、みすぼらしさは否めない。勇気をふるって回転トビラを通り中に入る。
"ボンジュール" モデルか俳優にしてもいいようなイケメンのドアマンがいかにも
演技してますという爽やかな笑顔で出迎えてくれる。こちらも高級な場所はさも、
慣れているといわんばかりの安っぽい自信を肩のあたりから漂わせ会心の微笑みで
”ボンジュー(今日の発音は完璧なはずだ)”と言ってロビーに足を踏み入れる。
黄金の輝きを放つクリスマスのオブジェ、大理石の床、高い天井から吊り下がる
豪華絢爛たるシャンデリア。ほの字型に口をあけ、しばし見入る。田舎者丸出しの
自分に気づき再び、さも慣れている様子で奥へと進む。



e0029085_5262271.jpg
ホテルの中庭にはクリスマス
ツリーと黄金のオブジェ。
なかなかアーティスティク。

ロビーのソファに腰掛け、
さも慣れているという風情で
高々と脚を組む。たまには
こういう雰囲気もいいもの。
調度品を眺めているだけでも
高級感が味わえる。

ちなみに、このホテル宿泊料
最高の部屋で120万円する
とのこと。一ヶ月でも一年間
でもなく、一泊の料金。

ため息をつき、ウデを組む。

ここもまた、パリである。



写真と文章が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影・原稿依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-08 04:54 | 街角
2005年 12月 07日

パリという街 vol.16 多民族の街

e0029085_6172496.jpg

e0029085_6184471.jpg
ベルヴィルからレプブリック方面
へと続く、ゆるやかな下り坂。
フォーブルドゥタンプル通り
という名の商店街は独特の活気が
ある。中華食材のスーパーに
アラブ風のカフェ、安い衣料品
からイスラム式肉屋にタクシー
フォン。アジア系、アフリカ系、
アラブ系の人達が、この通りの
主役。確かに、日本から観光に
来た人が最初に訪れる場所では
ないが、ここもまたパリである。
仕事がなさそうな人も多いが特に
治安が悪いわけではない。陽気な
商店街といった感じ。話してみる
と気さくな兄ちゃんという感じの
人が多い。そして、歩道には唐突
に洗濯機が捨ててあったりする。
通りには、アフリカ系ポップスの
リズミカルな歌が流れる。

*タクシーフォン・・格安長距離
電話の私設電話ボックス屋


e0029085_6405484.jpg

突然の雨。
妻の肩をかばうように抱くその背中に、僕はこの街に暮らす人々の
人間くさい暖かさを感じた。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-07 06:48 | 街角
2005年 12月 06日

恋するパリ vol.12

e0029085_5144511.jpg

メトロ8号線 エコールミリテール駅


三つの愛の物語が、一つのベンチにのっていた。



この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-06 05:20 | 恋人
2005年 12月 05日

フランス万歳! Vive la France.

e0029085_0211749.jpg


今日はフランスのテレビ番組「ミス・フランス」の模様を実況中継。
この番組、海外県も含めたフランス全土から集まった美女が「ミス・フランス」の
栄冠を競う。夏頃から続いていたこの番組も今日が最終回。いよいよ、ミス・フランス
が決定される。タキシード姿の精力的な感じの中年男性が司会をつとめる。さしずめ
フランスの「みのもんた」といったところ。「さあ、皆さん。今日が最終審査。いよ
いよ審査が始まります。審査はなんと、ビキニ。ビキニ、ビキニですよー」と会場を
盛り上げる。米国あたりだと、こんな番組はきわめて性差別的ということになるの
だろうが、ここはフランス。僕がちゃんと聞き取れた単語は「ビキニ」だけだったが、
3回も言われれば、よーくわかる。カメラを構えて、スタンバイ。


e0029085_0151957.jpg
審査員席には俳優ジャン・レノの姿も。
いつも、映画で見ている渋い印象とは
異なり、なんだか、とても嬉しそう。

ちなみにテレビモニターを撮るのには
少々コツがいる。シャーター速度が、
速すぎると、走査線が写ってしまう
からだ。目安としては、1/30秒から
1/60秒の間が一番きれいに撮れる。


e0029085_0292233.jpg


e0029085_0301977.jpg
思わず、「オー」とか声が出てしまう。
情熱的なサンバのリズムにのり、次々
と美女がステージ中央へと踊りながら
進み出る。パリコレのファッッション
ショーのウオークとは微妙にリズムが
違うな、などと職業意識が頭をもたげ
てくる。手ぶれを防ぐために椅子の背
にヒジを固定し、馬乗りの体勢で撮る。


冬のパリはすっかり無彩色の街となり、外は冷たい風が吹いている。
色彩にあふれ、暖かそうなテレビの中の世界に、僕はすっかり引き込まれていた。


e0029085_0563587.jpg
ミス・フランスの栄冠は彼女に決定。
僕が秘かに応援していた女の子では
なかったけれど、感涙にむせび泣く
姿に「みんな、よく頑張った」と
思わず、もらい泣きしそうになる。
きっと、今の僕と同じ気持ちをもつ
オヤジがフランス中にいるはずだ。
居間のテレビの前でワイングラスを
片手に、ビキニのお姉さんの踊りに

あわせて巨体をゆするようにして踊っていたであろうオヤジは
フランス全土で、ざっと200万人は下らないと、僕は読む。

気がつけば、1時間半以上が経っていた。テレビの前で椅子に馬乗りになって、
すごい集中力で撮影していた僕も、ようやく我にかえる。

なんだか、分からないがスゴかった。セクシーな表現に対するこの国のおおらかさ、
そして、スケベ根性まる出し、オヤジ感覚満載の番組構成。それを許容する国民性。
わかりやすい国ですよ、この国は。いやー、フランス万歳!


思わずウケてしまった方、あきれた方も、コチラに一票!
応援のクリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影・原稿依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-05 00:19 | エッセイ
2005年 12月 04日

ノエルの街角 vol.2 グランマガザン

e0029085_64140.jpg


パリ9区。オスマン大通りにはギャラリーラファイエット、プランタン
というグランマガザン(百貨店)が立ち並ぶ。ノエル(クリスマス)の季節には毎年
恒例のショーウインドーディスプレイが、子供達に夢の世界を見せてくれる。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ





e0029085_616233.jpg


土曜日ともなれば、子供連れの人達で歩道を歩くのも困難なほど。
かく言う僕も5歳児を連れた友人と共に、ここにやってきた。日本で言えば初詣
のような混雑ぶり。どうして、こんなに混んでいるのか、友人に尋ねてみる。
「とりあえずここに連れてくれば、子供は満足するんですよ。見るのはタダですから」
とのこと。思うに、パリで混んでいるところは、タダか値段が安いところ、と相場は
決まっている。

お金は使わず、お祭り騒ぎを楽しむのがパリのライフスタイルともいえる。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-04 06:44 | 街角
2005年 12月 03日

日仏生活比較学論序説 vol.3 スーツと制服文化

e0029085_611993.jpg
こちらのスーツ姿の男性。
いかにもパリのビジネスマン
といった様子。ネクタイの色
とバッグの色をうまくコーデ
ィネイトしている。どこのブ
ランドのバッグかを聞くと、
申し訳なさそうにロンドンの
メーカーのものだと、答えて
くれた。

ところで、パリでスーツ姿の
男性を見かけることは日本と
比べると格段に少ない。それ
はなぜなのだろうか?

まず、フランスは基本的には
農業国であり銀行員や証券業
など、スーツを着なければなら
ない職種についている人口その
ものが少ないことがあげられる。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ




e0029085_6141659.jpg
逆に考えてみよう。なぜ、日本は
スーツ姿の男性が多いのだろうか。
それは、制服文化に原因があるの
ではなかろうか。スーツを着ている
イコールちゃんとした仕事をして
いるという図式から、本来、スーツ
を着る必要のない仕事をしている人
もスーツを着なければ、という気持ち
にさせられるのでは、なかろうか。

「人を外見で判断してはいけない」
という言葉があるが、服装は本来
とても多くの視覚的情報を内包して
いる。つまり、身につけるものは、
その人がどういうモノを買うのか、
という個人の選択肢の集大成的な
ところがある。したがって、その人
の服装を詳細に見ていけば、何が
好きで、何に一番の興味があるのか
がわかる。すなわち、本来「人は
外見で判断が可能」なのである。


要するに、服装は個人の内面を外部に表現するものなのだが、それを
阻むのが制服文化。日本はフランスに比べて、実に多種多様な制服が存在している。
例えば、飲食店に行けば中華料理屋ではチャイナ服を着た人が働き、キャンペーン
ガールが街のいたる所で何かを配ったりしている様子がうかがえる。パリのカフェ
でも、いわゆるギャルソン服を着ているのは、ごく一部の店に過ぎず。エプロンさえ
もしない人が立って働いているようなので、この人がお店の人なのだな、と判断する
ほかない。確かに、制服には「この人は何をしている人だ」ということを明確にわか
らせる機能がある。しかし、同時に制服はそれ以上のことは、決して語らないという
防御機能があるように思えてならない。その背後には「○○らしく」という日本の
伝統的道徳概念が横たわっている。例えば、「もっと、女の子らしく、、」という
言葉や「その態度は男らしくない」という慣用句が存在しているように、「○○らし
い」という事が日本ではとても大切なことにされている気がする。それは、男女の性別
だけでなく、ありとあらゆる分野に及ぶ。「○○らしく」あるために、制服が必要と
なるのだ。そのため「ちゃんとした仕事をしている」ということを示すために、それが
必要ではなくとも、スーツを着るという行為につながる。だから、日本では、スーツ
姿の男性がとても多いということになるのでは、ないだろうか。
 一方で、日本という国は制服文化の防御機能が必要なのでは、とも思う。つまり、
制服を着用することで、それ以上、余計な他人からの干渉は受けないという、いわば
防波堤的な役割がある。スーツを着て会社の名刺をだせば、それ以上の詮索はない。
制服を着ていれば一目で女子高生とわかる。ただ、それ以上の個人としての人格は
表現できないし、知られたくない。そのため、制服を着用するのが望ましいという
論理になる。
 かかる制服文化を踏まえたうえで、日本の格言は意味を持つ。
「人を外見で判断してはいけない」なんらかの制服に包まれている限り、その人の
本当の内面は理解できない。ということを、この格言は伝えているのかも知れない。


この話に「なるほど」と思ったら、コチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-03 07:19 | エッセイ
2005年 12月 02日

パリのカフェ vol.13 きれいなお姉さん その1

e0029085_33059.jpg
打ち合わせで、シャンゼリゼ
クレマンソー近くのカフェへ。

僕がマッキントッシュで写真を
見せていると、隣に居合わせた
カップルが興味津々で僕の写真
を見ている。男の方は、パッと
しないのだが、お姉さんが美人。
カフェは、単なる飲食の場では
なく、コミュニケーションの場。
すかさず声をかけ、会話に引き
込む。フランス人も僕が撮った
パリの写真が気に入ってくれた
ようだ。「これは○○の写真で
これは、こんな感じの、、、」
などと、あやしげなフランス語
で説明をしていく。時折、機嫌
を損ねない程度に、オトコの方
にも、適当に話をふる。しかし
狙いは、お姉さん。かわいいん
ですよ。なんとかして、写真が
撮りたいのだが、パリジェンヌ
は、結構、シャイなんだな。



e0029085_3192637.jpg
あきらめる程、ヤワじゃない。
プロカメラマンに見そめられて
逃げられるハズなどない。
ここで、オトコを味方につける。
いやー、彼女きれいですよねー
ちょーと、撮ってもいいかな。
そうだよ、プロに撮ってもらえよ
ってな感じで彼氏からも援護射撃。
速攻、ぐぐっと寄って撮る。

ちょっと、表情かたいんだけど。

その感じが、また素敵かも。

チョイとぶれたが、よしとしよう。

パリのカフェには、そんな楽しい
人との出会いもある。

応援のクリックよろしくお願い
いたします。
この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-02 03:32 | パリのカフェ、フード