カテゴリ:パリの花( 33 )


2005年 08月 02日

パリからの花束 vol.3  それは楽園という名の

e0029085_8581482.jpg
8月1日から3週間、パリは完全
なバカンスとなる。行きつけにし
ているパン屋も休みとなり、パン
屋を探しに散歩にでる。ひと通り
の少なくなった街を歩き、やっと
見つけたパン屋でジャンボンサン
ド(普通のハムサンドウイッチ)
を買う。近くの公園になんとなく
入る。Jardin Catherine Laboure
という7区にある、こじんまりと
した公園。花が美しかった。
パリの有名な花屋さんではなくと
も、花は咲いている。それは有名
な公園でもなく、特別な場所では
ない。緑の芝生に花壇。なぜか、
トマトも植えられている。
何気ないおだやかな時間と花。
僕はミツバチにウインクをして
サンドウイッチを食べた。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ





e0029085_6554460.jpg

















シテ島の先端  Square du Vert Galant.
それは楽園という名の、人それぞれの時間。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ

メールBOX
ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-08-02 07:04 | パリの花
2005年 07月 29日

パリからの花束 vol.2 それぞれの人生

e0029085_085915.jpg
人の顔の表情と同じように、
花にもそれぞれの表情がある。
僕はカメラのレンズを通して
その表情を探す。
バラは表情のゆたかな花。
華やかで嬉しそうなバラも
いれば、ちょっと控えめで
寂しそうなバラもいる。
花びらの色の微妙な違いを
見ていると、人それぞれ
なのだなあ、とバラの花に
人格と個性を感じてしまう。

やがて、時が経ち花の時間
は終わりを告げる。
しかし、それは悲しいこと
では、ない。

それが、花の人生なのだから。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ





e0029085_036379.jpg

by paris-tsuzuki | 2005-07-29 00:40 | パリの花
2005年 07月 04日

パリからの花束 1  出会い

e0029085_711984.jpg
それは出会いなのかも知れない。
シュマンヴェールのお花屋さん
に着いたのは、午前9時半。
取材撮影のために行ったのだが、
僕は吸い込まれるように店に
入っていった。Bon jourと声を
かけてきたのは店のオーナー、
フレデリック。静かな時の流れ
る空間と雰囲気は、僕が日本に
いた時に仕事をしていたパトリス
ジュリアン氏と共通していた。
何かものを語ろうとしている
ようなバラを見た。
パリの花の美しさは特別だった。
美しい花束をみること、それは
出会いなのかも知れない。その
美しさとせつなさを伝えたくて
パリからの花束を贈ります。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



e0029085_7324170.jpg


by paris-tsuzuki | 2005-07-04 07:08 | パリの花