「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:パリのマルシェ( 13 )


2005年 07月 30日

マルシェがあるかぎり vol.3  戸田三九郎

e0029085_6205466.jpg
















テーブルが欲しい。ちょっとアンティークな感じで、味があり、
しかも格安のテーブルを探している。そこで目指すは蚤の市。
今日はモントルイユの蚤の市をご紹介。
メトロ9号線のポルト・ド・モントレイユ駅を降り、なんとなく
それらしい方角に人の流れにのって歩き出す。すると、サングラス
や時計を手にたくさん持ったアフリカ系とアラブ系の方々が歩道
の左右に大勢並んでいるところにでる。何やら早口で道行く人々
に声をかけている。「まーぼー、まーぼー、まーぼー」と節をつ
けるようなかけ声をかけるアフリカ系の方。どこかで会ったこと
がある気がしてならない。思い出した。東京ドームの前だ。
サングラスにパンチパーマという伝統的なスタイルで声をかける
ダフ屋さん達。「アリーナ、アリーナ、アリーナあるよアリーナ」
独特の巻き舌で節をつけるような口調。アフリカ系のサングラス
のお兄さん、ヘアースタイルもほぼ同じ。「まーぼー、まーぼー」
は「マルボロ マルボロ マルボロあるよ」という意味だとわかる。
なるほどね、こういうノリかと合点して、テントの立ち並ぶ蚤の市
へと、入る。なるほど激安。衣類を中心にクツから電気製品バッグ
に車のライトまで。コレって盗んできたものでは・・?と思って
しまうほどの豊富な品揃え。ここで写真を撮ったら、ただではすま
ないだろうな、という気配をカメラマンの本能が教えてくれる。
どうやったら、バレずに撮れるか、などと思案気な顔をしていると
アフリカ系の方が僕の顔を見て声をかける「戸田三九郎?」そんな
歌舞伎役者がいたかな?日本人だと思うとナカーターなどと声をか
けてくる人もいる。で、戸田三九郎?そのアフリカ系の方、みんな
に向かってかけ声をかける。「アロンジ メダム パシェ パシェー
トダサンクロー トダサンクロー パシェ パシェ」心を開けば言葉
は分かる。トダサンクロー tout a 5 euro 全部5ユーロという意味。
そのうち言葉がまるで日本語を聞いているような気持ちにすらなる。
「ねえ奥さん、安いよ 安いよー 全部5ユーロ 安いよ安いよ」
なるほど。上野のアメ横のようなノリ。
1キロぐらいの長さがある蚤の市。衣類を中心に激安。パリにいる
アフリカ系、アラブ系の方のファッションをめざすならココしかない
でしょう。上から下までクツまで買って15ユーロ(約2,000円)で
揃ってしまうかも。ところで、テーブルは? すっかり忘れてしまい
「トタサンクーロー」などの口調だけ覚えて帰ってきました。

<マルシェ情報>
蚤の市 メトロ9号線ポルト・ド・モントレイユ駅 徒歩3分
衣類 生活雑貨 激安 土曜日曜日 7:00〜19:00くらいまで

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


by paris-tsuzuki | 2005-07-30 07:16 | パリのマルシェ
2005年 07月 06日

マルシェがあるかぎりvol.2 地元グルネルのマルシェ

e0029085_6133975.jpg
結論から言おう。においには勝て
ない。僕の部屋から歩いて一分。
メトロ6号線の高架下で週に
2回マルシェが開かれる。前回の
ベルヴィルでその安さのとりこ
になった僕は朝10時に地元の
マルシェに。長さは約500
メートル。生鮮食品の他、衣類
アクセサリーまで中々の品揃え。
安い野菜でも買って部屋で自炊
と思いきや。
肉屋さんの方から抵抗しがたい
においが。プレロティさん(若鶏
の丸焼き)がクルクル回りなが
ら、焼かれているではないか。
大好物。愛しののプレロティ。
考えてみたらパリに引っ越して
来てからまだ食べていなかった。
日本で言えば、さながらウナギの
蒲焼きか焼き鳥屋のにおい。
魔法にかかったようにフラフラと
肉屋の屋台へ。
「お前さんが何を考えているか
なんてお見通しよ」といわんばか
りの笑顔で肉屋のオヤジに迎えられる。「プレロティ一羽にパエリア300グラム、
ジャガイモもチョッとつけて下さい」この時ばかりは、なぜか確実に通じる僕の
フランス語。やはり、においには勝てない。旨かった。明日も食べます。


e0029085_4222941.jpg
マルシェ情報
グルネルのマルシェ メトロ6.8.10号線
ラモットピケグルネル駅 高架下
毎週水曜、日曜日 9:00〜13:00ぐらいまで。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


by paris-tsuzuki | 2005-07-06 02:59 | パリのマルシェ
2005年 07月 02日

マルシェがあるかぎり vol.1 ベルヴィルのマルシェ

e0029085_1542868.jpg

    この写真が気に入ったらコチラに一票!
    人気blogランキングへ


    
    友人のカメラマン、フランソワとマルシェに行く。
    パリは毎日のように各地でマルシェが開かれている。
    商店街の歩道や中央分離帯、地下鉄の高架下などで週に2回ほど
    屋台のように軒を連ねる。この日、訪れたマルシェは
    メトロ2号線のベルヴィルのマルシェ。
    パリの中華街として知られるベルヴィルのマルシェの特徴は、
    なんと言っても「激安」。ジャガイモからサクランボ、トマトなど、
    野菜類が1キロあたり1.5ユーロ(約200円)
    一般的なスーパーの値段の2/3から半分の値段で売られている。
    また、ベルヴィルのマルシェは1キロ以上も続き、その長さも特別。
    早速、サクランボ1キロを買う。ビニール袋のサクランボをつまみながら、
    中国人やアラブ人でごったがえすマルシェを延々と歩く。
    その時、僕は思った「マルシェがあるかぎり、食ってはいける」と。



e0029085_1571243.jpg
マルシェ情報
メトロ2号線 Bellville
毎週木、日曜日 9:00〜14:00
Boulevard de Belleville 沿い 11区

by paris-tsuzuki | 2005-07-02 00:57 | パリのマルシェ