「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:街角( 44 )


2005年 11月 12日

パリという街 vol.13 アンヴァリッド

e0029085_4142169.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



秋晴れの空に、燦然と輝く黄金色のドーム。
アンヴァリッドはエッフェル塔と並ぶ、セーヌ左岸の代表的的な建築物。
黄金色に輝くの天井の下は、ナポレオンが眠る墓所となっている。

11月11日は、第一次世界大戦の戦勝記念日にあたり、国民の祝日。
退役軍人の記念式典などが、パリの各所で行われた。日本にいても、そうだと
思うが、こういった社会の出来事はテレビのニュースで知ることが多い。
僕の行動範囲であれば、今日は平日なのにお店が休みだ。ああ、国民の祝日か、
といった具合。実は、最近話題になることが多いフランスの暴動騒ぎも、僕が
住むセーヌの左岸では、正直言って実感はない。いつもと変わりない平穏な
空気。しかし、注意してみると、シャンゼリゼなどの中心部に警官の姿がいつも
よりも多く感じられた。恥ずかしながら、僕の行動範囲では、この程度ぐらいの
ことしか、実感がない。

ただ、フランスにとってパリは神聖な、侵すべからざる場所。パリ市内で大規模な
騒動がおこることなど、絶対に許さないというフランス政府の気概は感じられる。

第二次世界大戦中、ドイツに占領されても、街並は破壊されなかったパリ。
政治的な意見ではなく、パリという世界で一番美しい街は守らなければならない
と僕も思う。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-12 04:45 | 街角
2005年 11月 05日

パリという街 vol.12 夕闇の彼方に

e0029085_6473552.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



ルイ・フィリップ橋から、夕闇が迫るセーヌを眺める。

こうして、セーヌ川を見ていると、パリに帰ってきた実感がする。



e0029085_6495396.jpg
夕闇の彼方にノートルダム寺院の
シルエットが浮かぶ。

6時を過ぎると濃紺のカーテンが
パリの街をつつみこんでいく。

その美しさに、しばし陶然とした
気持ちで、立ちつくす。

気がつけば、11月。
セーヌをわたる風にカメラを持つ
手が、かじかんでいる。

パリは、秋から冬へと確実に歩を
進めはじめているようだ。



この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-05 07:20 | 街角
2005年 10月 31日

パリという街 vol.11 いつでも見れる風景

e0029085_1144378.jpg

ポンデザール(芸術橋)から見る夕陽。

この時間帯が美しいと思う。パリにいれば、いつでもこの夕陽は
見れる、と思ってしまいそうな、自分がいる。でも、本当にこの
風景はいつでも見れるのだろうか。この写真はいつでも撮れるの
だろうか。少なくとも、この瞬間は未来永劫、二度と訪れること
はない。似たような時間はあるかも知れないが、この瞬間はもう
訪れない。そのせつなさ、その瞬間を逃したくなくて、僕はただ、
無心にシャッターをきる。

いつでも見れるけど、もう見れない風景に。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-10-31 01:32 | 街角
2005年 10月 19日

パリという街 vol.10 サンジェルマン大通り

e0029085_5544714.jpg

セーヌ左岸を東西に貫くサンジェルマン大通り。
西はコンコルド橋から、東はシュリー橋までの約4キロ。同じ通りだと
思っても、コロコロと名前を変えるパリの通りのなかでは、とても長い方。
実はこのサンジェルマン大通り、西から東への一方通行。パリではクルマを
運転していない僕だが、これだけのメインストリートが一方通行なのは不便
なのでは、と思ってしまう。

ところで、写真の2人。パリではよく見かけるバイクの2人乗り。
いつも見かけるたびに、ロマンティックだな、と感じてしまう。
もちろん、パリでも実用上の理由でバイクに乗ることは多いのだが、
クルマとは違う2人の間の距離感が、バイクの2人乗りにはある。

学生時代にバイクが大好きだった僕は、あの風の中を駆け抜ける感じに
自然と共感してしまう。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-10-19 06:26 | 街角
2005年 10月 02日

パリという街 vol.9 秋の夕暮れ

e0029085_4552534.jpg
秋の夕暮れは、せつない。

日を追うごとに、パリの秋は
深まっていく。歩道を歩けば
落ち葉を踏みしめるサクサク
という音がする。

午後3時を過ぎるころから、影
が長くなる。まだ明るいのだが、
それでも陽は傾きはじめる。

西からの日射しに見慣れたはずの
建物がいつもとは違って見えるの
はなぜだろう。

秋の夕暮れは、せつない。

しかし、この瞬間は街のすべてが
美しくみえる。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-10-02 05:11 | 街角
2005年 09月 27日

パリという街 vol.8 空をみる

e0029085_5483970.jpg

ふと気がつくと、空をみていることがある。
東京にいた頃にはなかった視点。空をみるのには、いくつかの理由がある。
まずは、建物が相対的に低いので、空の面積が都市としては多いこと。次に
パリの天気はとても変わりやすいので、天気予報よりも、空をみるのが確実。
そして、雲の形が独特だから、みているだけで、魅入ってしまう。

でも、ぼんやり空をみてしまう。

基本的には、何も考えていないのだが、空は僕のこころを映しているときもある。
驚くほど上手くいくときもあれば、そうでないときもある。

ただ、空のいろ、雲の具合をどう見るかは、その人のこころの内側の問題。

波瀾万丈、大歓迎。

雲の切れ間にみえる、確かな輝きを、僕は信じている。



この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-09-27 06:04 | 街角
2005年 09月 21日

パリという街 vol.7 モントルグイユ商店街

e0029085_5515486.jpg

パリの中心地レ・アールから北へ少し歩くとモントルグイユ
通りに出る。古くからの商店街で毎日がマルシェのようなにぎわいだ。
肉、野菜、パンといった食料品もいいものが手にはいるのだが、今日は
アクセサリー小物のブティックをご紹介。IMPRESARIO(アンプレサリオ)
日本語でマネージャーという意味。新進アーティスト達の手作りの小物や
アクセサリーが手に入るお店。絵画から小さなものまで展示される店内は
とてもアーティスティックな雰囲気。いわゆるブランド物のように値段は
高くない。自分だけのパリの想い出の品や友達の誕生日プレゼントを探す
のには最適のお店。一度はこの通りを歩いてみよう。



e0029085_6181983.jpg





<店舗情報>
Impresario アンプレサリオ
9 rue Momtorgueil 75001 Paris
Tel 01 42 33 79 97
メトロ4号線エティエンヌマルセル駅徒歩2分





この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-09-21 06:26 | 街角
2005年 09月 16日

パリという街 vol.6 ポン・デザール

e0029085_444141.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ポン・デザール(芸術橋)が好きだ。誰もが、この橋からの眺めに足をとめる。
正面に見えるのが、ポンヌフ。そして、真ん中の中州状の島が、シテ島。

セーヌ川からの風が、頬をなでる。カメラを構え、雲の形に見とれたりする。

日本の映画「東京タワー」の中で原作にはない、ラストシーンがこの橋の上で
撮影されていた。橋の反対側からは、エッフェル塔が遠くに見える。

映画でなくても、この橋ではいつもこんなシーンが演じられている。

ポン・デザールが好きだ。

誰もが、素直な気持ちになれるから。



e0029085_5132475.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-09-16 05:15 | 街角
2005年 08月 31日

パリという街 vol.5 石畳の音

e0029085_842544.jpg

















パリ7区、エコールミリテール前広場
目の前を銀色のポルシェが、矢のように駆け抜けていく。
タイヤが石畳を踏みしめる音が聞こえるだろうか?
パリの街といえば、石畳の道を連想するかもしれないが
実は、石畳の道はほとんどない。クルマが通ると陥没して
しまう石畳は修理と維持が大変だからだ。そのため、改修
工事のたびに年々石畳の道は減りつつある。しかし、名所
とも言える石畳のロータリーや小道は必ず、維持保存する
のがパリの政策でもある。石畳の上を、クルマが走ると、
「ベロブロベロブロベロ」という、なんとも形容しがたい
音がする。その重低音は意外と耳に心地よい。
この写真から、そのベロブロ感が伝わってくれれば。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-08-31 07:51 | 街角
2005年 08月 22日

パリという街 voll.4 夏の終わりに

e0029085_585074.jpg

















天気のいい日は皆、こうなる。8月とはいえ、寒い日には冬のように着込み
今日は暑いという日にはタンクトップ、いや水着というくらいの脱ぎっぷり。


e0029085_5134821.jpg
それは、子供も大人も同じ。
炎天下のなか一日中歩きまわ
る撮影に危険すら感じていた
僕は今その夏の日が懐かしい。

日本の友人からメールがきた。
蒸し暑い日が続いています、と
その時、僕は時差以上の季差を
感じた。そう季節の差を。

もうパリは秋になってしまった。

夏生まれの僕は、子供のころから
夏が終わってしまうのが寂しくて
不安な気持ちになってしまう。

パリプラージュが終わり街はもう
夏は終わってしまった、と言って
いる。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ

e0029085_5294036.jpg


















今、ようやくわかった。なぜパリの人が天気が良いと必死になって太陽の下に
いたがるのか。夏は本当に一瞬で、せつなく輝く夢の時間にすぎないからだと。
夏が好きな僕は必死でシャッターをきり、たくさんの写真をブログに載せたい
と思った。夏が終わってしまうから。それは少し寂しいことかもしれない。

でも秋の楽しみはある。それはファッション。
今日、長袖のパーカーを買った。Tシャツの上にパーカーぐらいがちょうどいい。
落ち葉を踏みしめ、僕は秋のパリへと、歩き出した。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-08-22 05:38 | 街角