「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:街角( 44 )


2006年 12月 09日

66パーセント、夜。

e0029085_9272211.jpg




午前は8時半、いや9時にならないと明るくはならない。

そして午後5時。

空に切り絵のようなシルエットが浮かび、夜となる。

昼間は一日のうちの約三分の一しかない。

いや、一日の66パーセントが夜ということだ。

あらためて夜の時間の長さを感じている。





ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-12-09 09:39 | 街角
2006年 11月 16日

パリの手帖 とっておきの散歩道

e0029085_932590.jpg


『パリの手帖 とっておきの散歩道』という本が日本で発売になりました。

この本は僕と神戸シュンさんという仲間のカメラマンと二人で140ページ以上を

撮影、そして原稿を書きました。

「地球の歩き方」のダイヤモンド社からでております。

書店で手にとっていただければ幸いです。


さて、インターネットの回線が約2ヶ月にわたり故障しておりましたが、
ようやく修復ができました。忙しかったせいもありますが何でも時間が
かかるのがフランスといったところでしょうか。
ブログのほうも随時更新してまいります。
マイペースではございますが、よろしくお願いいたします。





ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-11-16 09:12 | 街角
2006年 10月 24日

秋の陽射し

e0029085_26825.jpg


一日ごとに陽が短くなる。

朝の8時はまだ暗い。夕方の6時を過ぎると陽がしずむ。

夜の9時過ぎまで明るかった日々は、まるで嘘のようだ。

もうすぐ冬が来ると誰もが知っている。

だから、天気の良い日は外にでる。

暖かな陽射しとやわらかな風が心地よい。

だが、こんな日はもう何日もないと誰もが知っている。




e0029085_216739.jpg



秋の陽射しが低い角度から街を照らしていた。

それは眩しく、名残惜しい一瞬でもあった。





ご感想・撮影依頼はこちらまで





相変わらず、ネット環境は回復していません。
マイペースで更新していきます。
よろしくお願いいたします。

by paris-tsuzuki | 2006-10-24 02:23 | 街角
2006年 08月 25日

このまま、秋に

e0029085_671296.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


「このまま、秋になってしまうのでしょうかね、、、、」

最近、パリではこの話題から入ることが多い。

シテ島、西側のドーフィーヌ広場。

気がつけば、紅葉が始まっている。

7月の熱波が去り、ひと安心と思っていたのは束の間。

この頃、暑さが恋しくすら感じる。


e0029085_613871.jpg


セーヌ川に釣り糸を垂れる家族連れ。

セーヌの河岸にも黄色い落ち葉が舞い始めていた。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-08-25 06:14 | 街角
2006年 08月 21日

オペラ・ガルニエ

e0029085_812474.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


オペラ・ガルニエ。

パリを旅したことがある人なら、この場所を知らない人はまず、いない。

空港からパリ市内に入ってきた時の玄関口とも言える場所だからだ。

パリに戻ってきた。

世界中の人が集まる観光都市、パリ。

ブルゴーニュでは日本人どころかアジア系の人すら

見かけることもない田舎街にいた。

パリという街にもどり、あらためて日本人をはじめアジア系の人が

多いことに気づく。



e0029085_8194189.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


オペラ大通りを振り返る。

バカンスで閑散とした街並が、いつもより通りを大きく感じさせる。

肌寒いぐらいの気温。

昼間は空を厚く雲が被い、日暮れ時には夕立が通り過ぎる。

雨が通り過ぎると、街は文字通り、水を打ったような静けさをたたえていた。

ひんやりとした風が人気のないオペラ大通りを流れていく。

まだ、夏なのだろうか。

それとも、もう、このまま秋なのだろうか。

このまま夏が終わってしまうことへの不安と、不完全燃焼な夏に

疑問を感じている自分がいる。

ともかく、パリに帰って来た。

スケジュールに背中を押されるようにして、

僕は、パリの道を歩き出した。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-08-21 08:31 | 街角
2006年 07月 05日

働くオジさん vol.1

e0029085_0554358.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ



「パリの街はきたない」

と言った日本の人がいた。

「どこがですかっ」

パリという街の美しさを愛してやまない僕は

ケンカを売られたとばかりにムキになってきいてみた。

「だって、ゴミがたくさん落ちている」

その答えに、「まあ、確かに」という他ない。

「しかしゴミが落ちているとかの問題ではなく、旧い街並を守りそれを、、、、、」

その場は反論してみたものの、確かにパリには多くのゴミが落ちている。

それは国民の道徳性の違いに由来するものと僕は思う。

フランスではゴミやタバコをポイ捨てすることはそれほど道徳には反しない。

しかし、ボンジュールやパルドン(おはようございます、失礼)と言わないことは

著しく道義に反する行為となる。一方、日本ではゴミのポイ捨ては白眼視されるが

人に肩が触れようが無言で目も合わせない人が多い。道徳や倫理とはかくも地域的な

違いがあるもの。日本ではゴミを捨てさせないためにゴミ箱をなくし、パリではゴミを

捨てるならゴミ箱へと、10メートルごとにゴミ袋を設置する。その解決方法はその国

それぞれなのであるが、根本的な考え方の違いを感じることはある。

さて、今日の写真はシャンゼリゼの清掃車。まるで巨大な掃除機のような特殊車両に

乗った人が今日もパリをきれいにしている。見たこともないほどの大きな掃除機に

跨がっている姿はユーモラスですらある。こんな特殊なクルマがパリには何種類もある。

美しきパリはこうした人々の努力の上に維持されているのだ。

「働くオジさん、今日もありがとう」

ふと、そんな声をかけたくなる。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで


by paris-tsuzuki | 2006-07-05 00:57 | 街角
2006年 06月 22日

フェット・ドゥ・ラ・ミュジック(パリ 音楽の祭日)

e0029085_78352.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


6月21日は1年で最も昼間が長い夏至の日。この日はパリのいたる所で
音楽が奏でられる『 フェット・ドゥ・ラ・ミュジック(パリ 音楽の祭日)』

毎年この時期に行われるこのイベントは1982年から始まり、今年で25周年を迎える。

この日は街中に音楽が溢れ、子供達もノリノリだ。



e0029085_718676.jpg


80万人の音楽家がこの日18000ものコンサートをパリの街角でひらく。
もちろん、聴くのは原則無料。アマチュアの音楽愛好家のためのお祭りなので
演奏のレベルは玉石混淆なのだが、その雰囲気はとても楽しい。



e0029085_7222635.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


メイン会場のひとつ、パレ・ロワイヤル。

大きな会場ではプロのミュージシャンの演奏も聴くことができる。

このフェット・ドゥ・ラ・ミュジック(パリ 音楽の祭日)のイベントはフ

ランスだけではなく、北アフリカのモロッコから南米チリにいたるまで、

世界中250もの都市で開かれるようになってきた。

日本でも、この日が音楽の祭日となる日も近いのではなかろうか。




今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-06-22 07:13 | 街角
2006年 06月 20日

パリ・サイクリスト・オリンピック

e0029085_84220.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


パリ14区、モンパルナス墓地の北側エドガー・キネ大通りを規制して

『パリ・サイクリスト・オリンピック』が開催された。

フランスはツール・ド・フランスという世界最大の自転車レースの国でもある。


e0029085_824184.jpg


モンパルナス・タワーの下が折り返し地点。

迫力あるコーナーリングを間近に見ることができる。


e0029085_826043.jpg

ふだんはマルシェ(市場)が並ぶ通りが今日ばかりはレース場となった。


e0029085_8283465.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


パリの街に突如として現れたサイクリストの一群は

まるで、一瞬の幻のように駆け抜けていった。


e0029085_830261.jpg





今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで


by paris-tsuzuki | 2006-06-20 08:19 | 街角
2006年 06月 18日

セーヌの音色

e0029085_6411749.jpg


撮影からの帰り道、セーヌ川沿いの道をそぞろ歩く。

夕方の6時半。

日本なら夕刻だがパリはまだ午後3時ぐらいの眩しさ。

それでも、日陰を歩けば風はかわいている。

河岸をなでる風にのって美しいヴァイオリンの音色がきこえてきた。



e0029085_6502249.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



心が洗われる音色に暑さを忘れた。

彼女が奏でる澄んだ音色とまなざしに、誰もが足をとめる。

演奏の合間に話を聞いてみると、彼女はカナダからやって来た

プロのミュージシャンだという。

セーヌに流れるヴァイオリンの音色の美しさが心に残った。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-06-18 06:57 | 街角
2006年 06月 17日

まっすぐに見た凱旋門

e0029085_8544642.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



この写真を見て「なんだ凱旋門か」

と思った人に伝えたい。

その写真に何が写っているかを認識することと、

写真から情報と意味を理解することはちがう。

わかりやすく言えば、これは何々が写っている

写真ですね、とわかる以上の情報が実は一枚の

写真の中には、こめられているのだ。

それを読み解くことは、ダヴィンチ・コード以上の

面白さがあることを伝えたい。


あなたの記憶の中にある凱旋門はこの形を

していたのかも知れないが、実際に写真に

撮ってみると凱旋門はこの形には撮れない。

なぜなら、この写真は地上2.5メートルの

高さから撮っているから。



e0029085_943375.jpg


この写真は「これがガイセンモンです」と説明しているだけの写真。

上の写真との比較で、視点や表現したいことの違いをご理解いただけるだろうか。


イメージや心象風景と称して斜に構えた

視線から格好良く、それっぽく撮りたく

なるのは誰しも同じ。


まっすぐな凱旋門を見た。

まっすぐに撮ろうと思った。

ナポレオンが戦勝を祝って建設を命じながら

生前その完成を見ることのなかった凱旋門は、

正面から見るとこういう形をしている。

見慣れてしまっているものや、当たり前の

ことにも、まっすぐの視線で見ることは

大切なことに思える。


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-06-17 09:05 | 街角