2006年 07月 31日 ( 1 )


2006年 07月 31日

ワインの郷 ボルドーへ  vol.2

e0029085_5203177.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


午前6時。モンパルナス駅からTGVに乗りボルドーへ向かう。

パリの南西、約300キロ。TGVで約3時間の旅となる。


e0029085_5275070.jpg


TGVボルドー・サン・ジャン駅からタクシーで北へ約45分。

いわゆるミシュランで星のつく高級レストランでシェフとその料理を撮影する仕事。

東京時代も撮影の仕事で北海道から沖縄まで、およそ全ての地方を訪れている。

仕事を通じて様々なものを見て撮影するチャンスがあることは幸運だと思うが、

いつも思うことは、もっと時間があれば、、、。

タクシーの車窓から一瞬を惜しむようにブドウ畑の写真を撮る。



e0029085_5371669.jpg


レストランではシェフが笑顔で出迎えてくれる。

「ああ、君か。元気かい」と気軽に声をかけてくれる。

パリで一度だけ撮影をしたことがあるシェフだったが、

取材の類いを一日に何件も受けている有名なシェフが

僕の顔を覚えていてくれて嬉しかった。

無事に撮影は完了。

「もちろん昼食は食べて行ってくれるだろうね」

というシェフの言葉に断るすべもない。



e0029085_5463114.jpg

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


なみなみとグラスに注がれるワインはもちろん最高級のもの。

e0029085_5473620.jpg


e0029085_5485123.jpg


e0029085_5492623.jpg


日本贔屓のシェフが作る料理は、かなりエキセントリック。

器に日本的な雰囲気を取り入れ、盛り付けは伝統的フランス料理というより

かなり現代美術や前衛的なアートを感じさせるモダンで大胆なもの。

その料理の味は「どう、びっくりした?」 とでも言いたげなシェフのいたずらっ子の

ような笑顔が想い浮かぶほどに面白い。



e0029085_641456.jpg


そして、またタクシーに乗ってTGVの駅へと向かう。

のどかにして豊かなブドウ畑が続くボルドーの地。

「いつかプライヴェートでゆっくり撮影しよう」

そう思いながら忙しさに飲み込まれ、どこにも行けなかった東京時代。

同じになってはいけないなぁ、と考えているうちに睡魔におそわれる。

毎朝4時起きが続き、おいしい料理とワインを御相伴にあずかれば、

まぶたは重くなる。僕はタクシーの中でつい、うとうとしてしまった。

ふと目を覚ますと渋滞の中にいた。腕時計をのぞくとTGVの発車時刻まで

あと、数分。間に合うのだろうか?

結局、タクシーの運転手は特に急ぐ様子もなく、僕達はTGVに乗り遅れた。

「間に合うって、言っていたのに!」

タクシーの運転手は悪びれる様子もなく

「あ、間に合わなかったね」と言って走り去っていった。

予想していなかっただけに一瞬、アタマが空白となる。

あまりにもフランス的な事態に僕達取材陣はただ呆然とした表情で

立ちつくしていた。



この続きはまた明日。


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-31 05:52 | エッセイ