「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 07月 19日 ( 1 )


2006年 07月 19日

酷暑とインスタレーション

e0029085_8132610.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


パリは今、記録的な猛暑におそわれている。

連日、気温は30度をこえ、そよ風も吹かぬ暑い日々が続く。



e0029085_8164395.jpg

原則としてエアコンのないパリで涼しいところと言えば教会。


e0029085_8185973.jpg

オーストリッツ駅から3分ほどの「病院大通り(ブルヴァールロピタル)」
沿いにサンルイロピタル教会がある。


e0029085_822442.jpg

分厚い木の扉を押し開けると、中からひんやりとした冷気が
身体をつつみこむ。

炎天下を歩いてきただけに、思わず安堵のため息すらでる心地よさだ。

そして、ここでは各国のアーティストによる現代美術のインスタレーションが

展示されていた。最初はそれとも気づかぬ程、そのインスタレーションと教会

という空間が調和していた。


e0029085_827049.jpg


歩く足音さえも響く静謐さが、教会という独自の空間を作り出して
いると、いつも感じる。


e0029085_830915.jpg

その静謐な空間で、作品を通じて作者との対話というか、
この人はこれをこういう形で表現しているのか、などど自分なりの解釈や
感想のようなものを考える時間もまた楽しいひと時。


e0029085_8351049.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


教会から一歩、足を踏み出せばまた、強烈な陽射しにさらされる。

それでも、ひと時の癒しとリラックス出来る時間を持つことが出来た。

日本にいる時、モダンアートの展覧会に行くと奇妙な違和感を持ったことがある。
奇妙な違和感とは、「モダンアートはモダンアートらしく」といったニオイというか、
規制というか、日本的なカテゴライズをすごく感じてしまったのだ。これはアート
だけではなく、社会全般の傾向とも言える。すなわち、とてもタイトで緊密な社会が
『○○は○○らしく』あるべきだという心理的な圧迫を与えているようにすら思う。
この考え方ないし世界観からはアートでさえも必然的にカテゴリー化して、オリジナリティ
とは無縁のものとなる。すなわち、○○らしくという発想の根本はパロディないし模倣、
あるいはコピーを求め続けることになるからだ。

くらくらするような酷暑の中、インスタレーションとアートそして日本社会の価値観に
ついてまで思いをはせ、めまいを覚える。

ただ、インスタレーションとして見た時、日本のこれみよがしのいかにもモダンアートです。
どうです、わからないでしょう。それが、モダンなのです。という事だけが分かり易かった
展示と比べると、教会の中のインスタレーションはとても自然に僕は感じることが出来た。

興味のある方はこちらに足をお運びになってみてはいかがでしょうか。

e0029085_854326.jpg

今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-19 08:55 | 美術館