2006年 02月 23日 ( 1 )


2006年 02月 23日

ウチで食べよう vol.14 一本100円の満足

e0029085_8440100.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



パリで、とてもつつましく生活しています。

今日は、パリのスーパーの話をしましょう。

パリにもスーパーのチェーン店がいくつもあります。その中でも安いのは、
リーダープライスというお店。リーダープライスはマルシェ・フランプリという
お店とも提携関係にある。その中でも特に安いのは、いわゆる自社ブランド。
日本でもイトーヨーカドーやセイユーといった自社開発ものが安いのと同じ。

どこまで、安くて大丈夫なのか。安かろう、悪かろうという価値観が日本生活
の長かった僕には染みついている。あまり安いのは怖くて、下から2番目ぐらい
の、あるいは上から2番目ぐらいの値段のものを選びがちな実に小市民な僕。

今日は堂々と一番安いものを買ってみた。2本で1.48ユーロ(約200円)の
ソーセージ。100%ポークと書いてあるので、まず、大丈夫だろう。

問題は調理方法。安いものを買ってきて、手を抜けば、まあ、それなりの事。
ここは、ひとつ自分なりのベストを尽くそう。
1、まずはフライパンにオリーブオイルをひき、強火で表面に焦げ目をつける。
2、200度の温度にしたオーブンで約20分。

1本100円の安物だからこそ、きちんと手を加えてあげたい。安物とはいえ、
長さ約13センチ、それなりに太い。とすれば、フライパンだけでは火がとおり
にくい。そこで、焦げ目をつけた後のオーブンが決め手となる。

オーブンで焼いている間につけあわせを。水と牛乳を混ぜ電子レンジで暖めるだけ
の粉末マッシュドポテト。サラダにエメンタル・チーズを少々。こんなもので十分。

さて、いざ試食。ナイフをいれるとパリっという音とともに肉汁がはじける。
マスタードを少々つけ、おそるおそる口へと運ぶ。

ん〜ん、悪くない。すごい感動は、やはりないけど、悪くない。いや、それなりに
旨い。

一本100円。それなりではございますが、満足。


幸せは誰のもとにもあるはずだと、一本100円の幸せを噛みしめた。



今日もポジティブに応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-02-23 08:35 | 自炊