「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 12月 12日 ( 1 )


2005年 12月 12日

パリでポートレイトを


e0029085_76287.jpg
御覧の女性は女優の中山美穂さん
ではない。ブログを見て下さった
読者の方。僕のウデを見込んで、
ポートレイトの撮影を依頼して
下さった。パリに留学経験のある
音楽家の方で、今度のコンサート
のパンフレットに載せる写真を
撮って欲しいとのこと。今は日本
で活動をしている彼女は旧友との
再会をかねてパリを訪れた。
メールで連絡をとり日程を調整。
撮影当日は14時にサントノレの
有名美容室トニーアンドガイに
はいってもらい、ナチュラル系で
ヘアメイクをしてもらう。30分
ほどで仕上がるとヘアメイクさん
と三人でパレロワイヤル方面へ。
「このあたりがいい感じ」など
と言いながら街の中で撮影する。
パリの美しい街並を背景にすると
やはり絵になる。東京で撮影する
よりもはるかにストレスがない。
しかし、表情はまだ硬い。


e0029085_731184.jpg
プロのモデルでも最初は、表情は硬いもの。
「セーヌへ出てみよう」皆でおしゃべりを
しながら移動する。ときおり立ち止まったり
歩いたりしながらシャッターをきっていく。
東京でこんな風に撮影していれば、誰もが
好奇の目で見るものだが、ここはパリ。
誰かに見とがめられることもなければ、
警備員がすっとんでくることもない。
自由の風が吹いている。留学時代の話や、
友達の話をしているうちに表情の硬さも
とれてくる。

セーヌ川の岸辺にやわらかな午後の光が
降りそそぐ。時折、ヘアメイクさんに髪
直してもらいながら、シャッターをきる。


e0029085_7502026.jpg


ポンデザールの上にあがる。セーヌを渡る風は心を自由にしてくれる。
逆光、ハレーションは承知のうえ。やわらかなポートレイトが撮りたかった。


近くのカフェでマッキントッシュを広げ画像を確認。その場でCDRを渡す。

パリの時間を想い出と共に残すことが出来れば、と思い撮影しました。


パリでポートレイトを撮影しませんか。

料金、日程等、メールでお問い合わせ下さい。


こんな雰囲気もいいかなと思ったら、コチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-12 08:05 | エッセイ