「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 11月 11日 ( 1 )


2005年 11月 11日

パリのカフェ vol.12 CAFE CHARBON

e0029085_9334633.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



パリ11区。オベルカンフ通りを北へ歩く。
旧くからのカフェが多い通りだが、その中でも”カフェ・シャルボン"は、特別な
存在感を感じさせる。

そもそも、パリのカフェは「石炭店」に由来する。第二次世界大戦前、燃料の主流は
石炭。その石炭を扱う店は、現在でいうガソリンスタンドのようなもの。どの街にも
必ず「石炭店」があった。しかし、1950年代に入ると、エネルギーの主流は石炭から
石油へ、と変わっていく。それと、時代を同じくしてパリにカフェの流行が訪れる。
そもそも、「石炭店」は地元の社交場的な場所であった。そこへ、石炭の衰退にカフェ
ブーム。従来の「石炭店」が自ずとカフェへと転換していった。

さて、今日ご紹介する「CAFE CHARBON」直訳すれば、『石炭屋』Charbonとは、
英語のカーボン。すなわち、石炭。この名前からして、この店の歴史と由来が感じ
られる。

ところで、カフェの格好よさとは何だろうか?僕は、そこにいる人間が格好よいか
どうかが、決定的な要因と思う。インテリアが、どうとかではなく、なんだか雰囲気
のある人間が集まる場所かどうかが、カフェの雰囲気を作りだすのだ。

カフェは、その意味で一種の劇場のような空間でもある、と僕は思う。


e0029085_9571966.jpg
おすすめはCHARBON特製地ビール、
3.9ユーロ。まったりとした、喉ごし。
ゆっくり時間を過ごすのには最適。
カフェで、一息つきましょう。


<カフェ情報>
CAFE CHARBON
109 RUE OBERKAMPH 75011
tel : 01 43 57 55 13


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-11 10:07 | パリのカフェ、フード