「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 11月 02日 ( 1 )


2005年 11月 02日

ニッポン10日間の旅 vol.2

e0029085_145688.jpg

<単一民族国家>
 ニッポン2日目
ひさしぶりに電車に乗る。もともとカメラマンという仕事柄、電車に乗るのは1ヶ月に
1度あるか、ないかだ。しかし、パリでは毎日メトロに乗っている。電車に乗り込んだ
とたん、奇妙な違和感を覚える。な、なんだか変だ。車両の中にはアジア系の人しか、
乗っていない。「日本は単一民族国家だから、、、」というフレーズが浮かぶ。そうか
「単一民族」か、と納得するものの、よく顔を見てみると中国系、韓国系、南方系とも
感じられる顔つきの人々がいる。日本にいた時には、まるで意識していなかった何かが
今の僕には感じられるような気がした。日本という国は本当は「単一」ではないのかも
しれない、と。


e0029085_1192019.jpg
<「パルドン」と、ウチとソト>
車内で肩が触れ、「パルドン」と
口走る。けげんな表情をされるだ
けで、この国では何も言われるこ
とは、ない。拝むような手つきで
携帯電話を見つめる人や、マンガ
を読むか、眠っているスーツ姿の
男性が目につく。多くの色を使う
中づり広告。ふと数人の中年女性
の会話が耳に入る。「すいません
ねー、いつも。・・あっ、申し訳
ありません。・・本当、ごめんなさいねー。・・・」とても、よく謝っている。
詳しくは聞きとれないが、会話の7割ぐらいは、謝罪の言葉の繰り返しのように
聞こえる。実に不思議だ。自分と関わりのある「ウチ」の人に対して礼儀正しい
人達は、電車の中やレストラン、街角で接する「ソト」の人達に対して、あまり
礼儀に気遣うことなく、まるでそこには人が存在していないかのような、無関心
なそぶり。逆に考えれば、「ソト」の人に対し関心を示すことは、この国の礼儀
に反することなのだろうか。一方、フランスでは、肩が触れ合えば「パルドン」
と言い、誰もが「ボンジュール」」と挨拶を交わし、カフェでは誰もが天気の話
をする。どちらが良いとかの問題ではなく、人と人との関わり方や、距離感とも
いえる人間関係の違い、ひいては社会一般のものの考え方の違いを、僕は電車と
いう場所の中で、あらためて考えていた。


e0029085_1595519.jpg
<スシ天国>
そして、電車は渋谷駅に。
「ツヅキさん、何食べたいっ
すか」と友人に聞かれ、やはり
”スシ”と答えてしまう。

こんなに安くて多くの種類の
スシをパリでは到底、クチに
することは出来ない。

日本での仕事仲間でもある、
友人達と撮影の打ち合わせ
そして、お互いの近況など。

渋谷、新宿、銀座、原宿。
東京という騒音とカラフル
な色彩の街で週末を過ごす。

「トーキョーも悪くはない」
と、この時は思っていた。

ニッポン10日間の旅 vol.3
へと、続く。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-02 01:03 | エッセイ