2005年 10月 18日 ( 1 )


2005年 10月 18日

マルシェがあるかぎり vol.6 季節を感じて

e0029085_6575970.jpg
食料品や日用品を買うだけが
マルシェの楽しみではない。

葡萄、クリ、牡蠣といった、
季節を感じる品々が軒を飾る。
秋はフランスでも収穫の季節。

もちろん、食べてもおいしい。
フランスの葡萄は日本のそれ
よりも、糖度は低いかもしれ
ないが、さっぱりとしていて
食べやすい。皮ごと食べて、
タネだけだすのがフランス流。
要するに、日本の葡萄のように
皮がスルリと中身からはがれる
訳ではないので、自然と皮ごと
口に含む食べ方になるのだろう。

食べるだけではなく見る楽しさ
もある。色味、質感が美しい。
古くから絵画のモチーフとして
果物や農産物が描かれるのは、
この美しさを表現したかったの
か、と素直に思ったりする。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-10-18 07:22 | パリのマルシェ