「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 08月 04日 ( 1 )


2005年 08月 04日

パリのカフェ vol.4 贅沢な時間

e0029085_834922.jpg
どこのカフェでもいい。
今日、言いたいことは基本的には
どこでもいい、という事だ。
朝食のことを"Petit Dejeuner"
小さい昼飯と仏語ではいう。
形容詞を付けた言葉しかなく、
朝食という独立した名詞がない事
は、すなわち朝食に対して重きを
おいていない、とも言える。
しかし、コレがうまいのだ。パン
とバターとジャム。カフェオレが
あれば、パッフェ(パーフェクト)
値段も吉野家の朝定食と同じ位。
高級店でないかぎり、高くない。
周りを見渡すと皆、同じ動作をする
1、パンの横腹にナイフを入れる
2、上下に切ったパンにバターを
3、ジャムを塗ってはさむ。
4、ガブリと噛みつき
5、カフェオレをひとくち。
 以下コレのくりかえし。
いや、どこでもいいんです。
どこでも、たいがいウマイですから。

独立した名詞がなくても、そんな贅沢な時間を持つことができる。それが、パリ。
ちなみに、僕はイチゴのジャムが大好物。素直にバターもうまいんだなー。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ

メールBOX
ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-08-04 08:55 | パリのカフェ、フード