2005年 07月 31日 ( 1 )


2005年 07月 31日

ウチで食べよう vol.2 子羊のスープ

e0029085_943761.jpg


















最近のパリの天候は異常ともいえる。暑くなったかと思えば、
翌日は9月の陽気、長袖でなければ歩けない。午前中は晴れて
昼過ぎに雨と雷。その後、晴れて暑くなる。そんな天候のため
今日はなんだか、寒気がする。カゼの引きかけはスープに限る。
「子羊の自己流スープ」を作ってみました。

材料 : 子羊の背肉(cote de agneau)タマネギ、ニンニク、
    トマト、ジャガイモ
調味料: 塩、コショウ、ブイヨン

手順はいたって、オーソドックス。
1. タマネギ、ニンニク、ジャガイモを深めの鍋にいれオリーブ油
  でいためる。
2、子羊の背肉は骨付きを買ってきたが、食べにくそうなので
  1cm角に切る。塩、コショウ、エルブドプロバンスのハーブ
  で下味を。肉をこそぎ落とした骨の部分も一緒に強火にした
  フライパンで焦げ目をつけたら、鍋に。
3、肉汁の残ったフライパンで角切りにしたトマトをいためる。
  つぶして滑らかになったところに、酸味をやわらげるための
  砂糖を少々。これで、トマトベースの完成。
4、野菜をいためた鍋に肉、トマトベースをいれ、赤ワインを加える
  ここで、どのくらいの量?などと言う野暮な質問は、ご勘弁。
  台所でグラスのワインをちびりちびりとやりながらが、ツヅキ流。
  だー、とか言いながらワインを鍋に。
5、後は、鍋に固形のブイヨン(今日はマギーブイヨンの鶏スープ)
  を加え、粉末の赤トウガラシに塩、コショウで味を整えていく。
6、パリのアパルトマンのコンロは電気式。スイッチをoffにしても
  余熱が長時間残っている。圧力鍋の原理でふたをしておけば、
  いつの間にやら、煮えている。

ゴハンにかけても、おいしい、子羊のスープ完成!

翌日には体調回復しました。夏バテ防止にお試しあれ、です。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


by paris-tsuzuki | 2005-07-31 09:42 | 自炊