「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 10日

パリの子 vol.3 瞳の中に

e0029085_514349.jpg

















パリは大人の街というイメージがあるかも知れないが、実際には、とても多くの
子供達がいる。一人っ子よりも二、三人兄弟はめずらしくない。パリでは人口が
増加し、郊外の貧困層が劣悪な住宅環境が原因で火災による死者が相次ぎ、社会
問題となっている。すなわち、人は増えているのに住宅の数が追いつかないから
ひどい環境に住まざるをえない人が火事にあってしまう。ということだ。しかし、
僕が知っている東京や、日本に比べると未来が明るいように感じる。僕たちが、
子供のころの頃に比べ、気がついたら、ずいぶん子供の数が減っているようだ。
一学年4クラスあったのが、今では1クラスしかないという小学校は東京だけで
はなく、全国的な現象だと聞く。先日、衆議院選挙の話題でもちきりの日本から
のメールの中に各政党が主張する「暮らしやすい日本って何なのでしょうか」と
いう内容のものをいただいた。言葉が虚しく聞こえるのでしょう。人の迷惑も
顧みず、「名前」と「最後のお願い」を日本では今ごろ、連呼しているのだろう
か。日本で唯一の善悪の判断基準である、「他人に迷惑をかけない」という基準
からしても、ほぼ犯罪と言っても過言ではない行為が、なぜ選挙の時に許される
のか、僕には理解できなかった。

子供の瞳の中には、その国の未来が映っていると、僕は思う。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-09-10 05:40 | 子供達


<< 今日のエッフェル vol.12...      幸運の系譜 >>