「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 06日

Lille et Mer リール、そして海へ(後編)

e0029085_21583839.jpg

















<海へ>
リールから車で1時間半。英仏海峡をのぞむブローニュの海岸に着いた。
広い砂浜のむこうに海がひろがっている。日没に間に合った。


e0029085_2261266.jpg
















砂浜に腰をおろし夕陽をながめる。ヴァカンスが終わり、人影のまばらな砂浜。
今年の夏は海を見ていなかったことに気づいた。海を見ていると自然と心が
静かな気持ちになってくる。やわらかな、潮風が心地よく吹いている。

ふと、前から気になっていた質問をアルベールにしてみる。
日本には、「忙しいのはいいことだ」という言葉があるのだけれど、フランス
では、そういうことを言うのかな?彼は、「なんだ、それは」というけげんな
表情でこたえる。忙しいのはストレスになるからよくない。でも、フランスには
「少し仕事もあるから、落ち着いてられる」という言葉はある、とのことだ。
日本には「働かざるもの、食うべからず」という言葉もあると続けると、
フランスには「働かないものは、飲んではいけない」という言葉はあると彼は
答えた。長いヴァカンスの間、何も進まないフランスにイライラしていた僕は
海を見ながら、考えてみた。文化、国民性、経済構造とともに、国としての
雰囲気に関わることかも知れないと、思った。たとえば、僕は日本にいる時、
忙しくて3ヶ月も休みがないとか、今週は平均睡眠時間が3時間以下だと、業界
の人間のご多分にもれず、自慢気に話していたように思う。つまり、忙しいのは
いい事だから。そのお金で機材、パソコン、クルマを買い、高い店に食事に行き、
あげくの果てには、バーゲンで狂ったように洋服を買いまくったりしていた。
結局、その原因はストレスだったのかも知れない。逆に、フランス人は働かなさ
過ぎるとも言えるが、僕はバランス、調和を重んじていると考える。少し仕事が
あるから、落ち着いていられる。働かない人は食べてもいいけど、飲んではいけ
ない、という考えはバランスがとれているのがベストだと、考えているのではない
だろうか?


e0029085_22493388.jpg
日が暮れて、僕らはパリへの
家路に着いた。

この砂浜に連れてきてくれた友情に
感謝します。とても素敵な時間を
過ごすことができた。

Lille et Mer 後編終了
e0029085_22503417.jpg

そして、このエッセイを読んだ人が
しばらくの間、パリからの小旅行を
楽しんでいただければ、幸いです。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



e0029085_2322666.jpg
















この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-09-06 23:16 | エッセイ


<< ウチで食べよう vol.8 冷...      Lille et Mer ... >>