2005年 08月 22日

パリという街 voll.4 夏の終わりに

e0029085_585074.jpg

















天気のいい日は皆、こうなる。8月とはいえ、寒い日には冬のように着込み
今日は暑いという日にはタンクトップ、いや水着というくらいの脱ぎっぷり。


e0029085_5134821.jpg
それは、子供も大人も同じ。
炎天下のなか一日中歩きまわ
る撮影に危険すら感じていた
僕は今その夏の日が懐かしい。

日本の友人からメールがきた。
蒸し暑い日が続いています、と
その時、僕は時差以上の季差を
感じた。そう季節の差を。

もうパリは秋になってしまった。

夏生まれの僕は、子供のころから
夏が終わってしまうのが寂しくて
不安な気持ちになってしまう。

パリプラージュが終わり街はもう
夏は終わってしまった、と言って
いる。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ

e0029085_5294036.jpg


















今、ようやくわかった。なぜパリの人が天気が良いと必死になって太陽の下に
いたがるのか。夏は本当に一瞬で、せつなく輝く夢の時間にすぎないからだと。
夏が好きな僕は必死でシャッターをきり、たくさんの写真をブログに載せたい
と思った。夏が終わってしまうから。それは少し寂しいことかもしれない。

でも秋の楽しみはある。それはファッション。
今日、長袖のパーカーを買った。Tシャツの上にパーカーぐらいがちょうどいい。
落ち葉を踏みしめ、僕は秋のパリへと、歩き出した。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-08-22 05:38 | 街角


<< パリのカフェ vol.7 DOME      パリプラージュ最終日 >>