2006年 10月 24日

秋の陽射し

e0029085_26825.jpg


一日ごとに陽が短くなる。

朝の8時はまだ暗い。夕方の6時を過ぎると陽がしずむ。

夜の9時過ぎまで明るかった日々は、まるで嘘のようだ。

もうすぐ冬が来ると誰もが知っている。

だから、天気の良い日は外にでる。

暖かな陽射しとやわらかな風が心地よい。

だが、こんな日はもう何日もないと誰もが知っている。




e0029085_216739.jpg



秋の陽射しが低い角度から街を照らしていた。

それは眩しく、名残惜しい一瞬でもあった。





ご感想・撮影依頼はこちらまで





相変わらず、ネット環境は回復していません。
マイペースで更新していきます。
よろしくお願いいたします。

by paris-tsuzuki | 2006-10-24 02:23 | 街角


<< パリの手帖 とっておきの散歩道      恋するパリ vol.30 >>