「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 19日

ブルゴーニュの旅 vol.5 完結編

e0029085_745448.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


近くのコービニーという街で、この日は牛の品評会が開かれていた。


e0029085_749852.jpg


自慢の牛肉をバターで炒めただけの豪快な調理法。


e0029085_7505941.jpg


しかし、シンプルな料理は素材の味をストレートに伝える。

さっぱりしていて、やわらかい。それでいて、肉の味が濃い。

ブルゴーニュの牛は名物と言われるだけのことはある。


e0029085_7544119.jpg


「そんなに美味いかよ」という冷ややかな視線はさておき


e0029085_757148.jpg


この日、コービニーの街ではフランスで3番目に大きいノミの市

(ブロカント)が開かれていた。


e0029085_7593042.jpg


大人ばかりではなく、子供達もノミの市に参加する。

フランスにいると、自ずと古いものやアンティークに心惹かれる。

日本では、新製品をとりあえず試してみたくなる衝動にかられるが、

同じようにフランスでは古いものが持つ味わいを愛でたい気持に駆られる。


e0029085_8114268.jpg


僕が心惹かれてしまったのはロシア製の古いカメラ、ゼニット。

望遠レンズを装着した、まるで短機関銃のようなフォルムに「カッコいいかも、」

などと、思ってしまう。しかし、肝心のシャッターは落ちないし、こんなご時勢の折り

物騒なカメラを持っていたら、間違いなく警官に呼び止められるであろうと思い断念。


e0029085_8175798.jpg


家に帰ると、もう「お母さん」と呼んでしまいそうな友人の母親が

昼食を用意してくれている。


e0029085_8193545.jpg


ブルゴーニュ名物のエスカルゴのサラダ。

バルサミコ酢を使った自家製のドレッシングでいただく。


e0029085_821265.jpg


「お父さん」がセラーからだしてきた、とっておきのワイン。


e0029085_8224436.jpg


そして、チーズ。

人々の優しさが心にしみいるように感じられた数日間だった。


e0029085_825746.jpg


ブルゴーニュという地にやってきて、

フランスの大地のエネルギーを身体に充電できた気がする。

わずかな時間だったが、豊かな時間を過ごした屋根裏部屋。

牛が見える窓を閉め、パリへ帰る列車に乗った。

ありがとう、ブルゴーニュ。

きっと、また此処には帰ってくる気がする。



                     『ブルゴーニュの旅』  了



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-08-19 08:00 | エッセイ


<< オペラ・ガルニエ      ブルゴーニュの旅 vol.4 >>