2006年 07月 10日

ワールドカップ決勝当日のパリ

e0029085_8525198.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ



7月9日午後8時2006年ワールドカップの決勝フランス対イタリア戦が
行われた。結果についてはご存知の方が多いと思うので、今日は僕が見たその日の
パリの雰囲気をつたえられればと思う。


e0029085_8562977.jpg

朝からこのユニフォームを着た人を何人みただろう。
道行くクルマはクラクションを鳴らし、テレビはずっと特別番組を流している。

e0029085_8583493.jpg

そして午後8時。交通量の激しいシャンゼリゼ大通りにクルマのかげも
まばらになる。

e0029085_901184.jpg

僕はシャンゼリゼから一本内側に入ったカフェで観戦することにした。

e0029085_914730.jpg

まずは1−1の同点で前半を終了。

e0029085_925135.jpg

フランスの勝利を確信し、路上でもハーフタイムに応援合戦が行われる。

e0029085_954716.jpg

応援はフランスばかりではない、ちょいモテオヤジはイタリアを応援。

e0029085_99481.jpg

試合は1-1のままPK戦へと、もつれこむ。

e0029085_9104216.jpg

あと一歩のところでフランスはイタリアに敗れた。

e0029085_9114261.jpg

それでも人々の足は凱旋門へと向かう。

e0029085_912373.jpg

花火、爆竹、ロケット花火が飛び交い、暴動になるのでは、、、

e0029085_9134659.jpg

と、思ったが要は「用意してきたので使っちゃえ」ということらしい。

e0029085_915737.jpg

凱旋門にたどり着くと「人々はジズー(ジダンの愛称)を愛している」と
ライトアップされた文字が浮かんでいる。

e0029085_9171613.jpg

フリーキックの他に決めてくれたのは頭突きだったジダンの顔が
凱旋門の壁面に大きく映し出されている。

e0029085_9193819.jpg

試合の結果は残念だったが、人々は盛り上がる。
なぜなら盛り上がること自体が好きだからだ。

e0029085_9213455.jpg

そして、最後のメッセージが映し出される。

「ありがとう フランスチーム」

暖かい国だなと、僕は思った。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-07-10 09:07 | エッセイ


<< 『楽園』vol.4 エクス・ア...      ワールドカップ決勝 〜パリ〜 >>