2006年 06月 14日

パリの犬 vol.2 背すじをのばして

e0029085_7433783.jpg


今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ



カフェ・ド・カルチエが好きだ。

カフェ・ド・カルチエとは地元の人達だけが集まるカフェ。

その地区に住む人々だけが利用する閉鎖的な雰囲気を

持っているのが、カフェ・ド・カルチエ。

ただ、パリという都会にありながら下町の人情というか、

郷愁を感じさせてくれるカフェ・ド・カルチエは旧き良き

パリの伝統だと、僕は思っている。

それでも、いざそのカフェに足を踏み入れるとなると、

カフェ・ド・カルチエは値段は安いが敷居は高い。

一見さん(通りすがりの初めて訪れる人)など、

お断りだ、という雰囲気がある。

時にはカフェ・ド・シアン(そのカフェの名物犬)が

「オメエさん、何者だ」

という目で睨みをきかせていることもある。



e0029085_7532621.jpg



心配することは何もない。

ボンジュールと笑顔があればカフェ・ド・カルチエは

受けいれてくれる。

誰かに何か言われるのでは、とおびえるのではなく、

背すじをのばして、リラックスしていこう。

実際、その方がうまくいく。



今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-06-14 07:58 | パリの犬


<< 恋するパリ vol.25 ワー...      今日のエッフェル vol.31... >>