「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 03月 10日

「物語の主人公になる方法」パトリス・ジュリアンさんからのメール

e0029085_9125249.jpg

なぜかこの写真が気に入ったら、コチラに一票!
人気blogランキングへ


パトリス・ジュリアンさんからメールをいただきました。
「ツヅキさんはパリでゲンキにやっていますか」と。

ライフスタイルからフランス料理まで数多くの著作物を手がけるパトリスさんは
アシスタント時代の頃から僕の憧れの人だった。

フリーランスのカメラマンになったばかりの頃、パトリスさんと僕は仕事を通じて
出会った。その後、文庫本の表紙の撮影や雑誌の連載。一緒にやった表参道の
ギャラリーでのコラボ展など。素晴らしい経験を一緒にすることが出来ました。

よくホームパーティーに招いてもらい、パトリスさんの素晴らしい手料理をごちそう
になったものです。庭に七厘を持ち出しての焼き肉パーティー。パトリスさんは皆の
ために一人で七厘の前にしゃがみ込み、真剣な表情で肉の焼け具合を見張っている。
坊主頭に汗を光らせ、うちわで必死にあおぎながら肉を焼いてくれるパトリスさんは、
僕の中で憧れの人というよりも、とても親しみやすい人となっていった。

常に明るいポジティヴな気持ちで、本当に自分のやりたいと思うことを具体的に
想い描いていれば、その夢は必ず現実となる。誰もが自分の人生という物語の
中の主人公になれるのだと、パトリスさんは僕に教えてくれました。

その当時からパリが好きだった僕は、パトリスさんに写真をみてもらった。
パトリスさんは「ツヅキサンは本当にパリが好きなんですね」と目を細めて
写真をみてくれた。

そして今、僕はパリで自分の好きな写真を撮っている。物語の主人公というより、
カメラマンという裏方の脇役でいい。今日の写真のような70年代の映画のような
世界で僕は生きている。

パトリスさんが教えてくれた生き方を、このブログを通じて誰かに伝えることが
今の僕にできることだと思う。


パトリス・ジュリアン氏のウエブサイトは以下のアドレスです。
http://www.patricejulien.com/


こんな僕達の友情に今日も応援のクリック、よろしくお願いいたします!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで




by paris-tsuzuki | 2006-03-10 09:43 | エッセイ


<< 今日のエッフェル vol.24...      オペラ座前で学生デモ >>