2006年 02月 21日

パリ最古のお菓子屋さん〜ストーレー

e0029085_21405123.jpg


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


パリ2区、レ・アルから北へ延びるモントルグイユ通りに、パリで最も
古いお菓子屋さんのひとつ、といわれる「ストーレー」がある。
ストーレーはポーランド王、スタニラス・レクチンスキーに仕える菓子職人だった。
レクチンスキーの娘マリーがルイ15世に嫁いだのに伴い、パリへと渡る。
そして、1730年ストーレーはモントルグイユの通りに店を開いた。それ以来、
パリの老舗のお菓子屋さんとして、今でも人気の店だ。店頭にはエリザベス女王が
来店した時のスナップがポストカードとして売られているのが面白かったりする。

さて、お味のほうだが、あっさりとしていて品がいい。王朝の味とはこういうものであろうか。
値段はやや高めだが、それでも美味い。店内には、お惣菜も売っている。
ぜひ、お試しあれ。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-02-21 06:40 | パリのカフェ、フード


<< 今日のエッフェル vol.23...      恋するパリ vol.18 恋す... >>