2006年 02月 17日

16区のひとたち

e0029085_8115826.jpg

なぜかこの写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


昨日のブログで、まるで「16区の金持ちは悪い人達だ」と
誤解されてしまったのではないかと思い、今日の記事を書いている。

どの国でもそうだが、それは人による。確かに、鼻持ちならない人も
いる。16区は高級な場所なので治安がいいという理由でこの地区に
住む日本人も多いと聞く。ただ、高級アパルトマンに住みポルシェを
乗りまわす、まるで証券マンのような外見の麻薬の売人も住んでいる。
しかし、とても暖かい心をもっている人も多い。取材撮影をしていると
僕が聞いてもいないのに、とても親切に教えてくれるおばちゃんがいた
り、なぜか写真にうつりたがる浮浪者もいる。僕にとって嬉しかったのは
二回目に訪れた時から必ず握手で迎えてくれるカフェの主人。下手な
フランス語でコミュニケーションをとり、僕はなんとか頑張っています。

今日も16区で犬を散歩する老夫婦を見かけた。犬のフンに知らんぷり
をきめこむような人達には見えない。僕はスナップを撮り、いいところを
撮っちゃったよ、という感じで笑顔で手をふる。なんだか変な東洋人だ
なと、思われているのは分かるが、ちょいと眉をあげてからウインクを
返してくれたりする。

パリで仲のよさそうな老夫婦をみかけると、そんな老後も素敵だな、と
素直に思える。

16区にはとてもいい人達もいることを、今日は伝えたかった。


応援のクリック、よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2006-02-17 08:34 | エッセイ


<< カフェで一杯、また一杯、、、。      パリなんでも相談室Q&A vo... >>