「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 12月 21日

「月刊 カメラマン」連載スタート 都筑 清

e0029085_67627.jpg
今日は撮影技術のお話。
よく「手ぶれ」をしてしまう、
「ピンぼけ」になって上手く
撮れなかった、ということを
聞く。では、反対に手ぶれを
しないでピントが合っていれ
ば、上手い写真なのであろう
か。確かに、自分がキチンと
表現したい対象がボヤけてい
ると、分かりにくいという点
は否めない。しかし、ボヤけ
ているからこそ、その対象を
強調することも出来る。即ち
「ぶれ」と「ぼけ」は上手く
使えば効果的な技術だが下手
をすれば、ピンぼけ手ぶれの
典型的なダメ写真になってし
まう両刃の剣、これをコント
ロールすることは高等技術の
ひとつと言える。
今日のテーマは「ぶれ」。
観覧車が、回っていることを
表現するためにライトの光跡

を残像として残したい場合、どのようにすればよいのであろうか。
それが、シャッタースピードのコントロール。どのくらいのシャッタースピード
にすれば、心地よく「ぶれ」るのであろうか。結局のところ、動くものがどれくら
いの速さで動いているかによる。ゆっくり動いているものは1/4秒から1/8秒。
速いものは1/30秒から1/60秒が目安となる。コンパクトタイプのデジタルカメラ
を使う場合はISOの感度を下げれば、「ぶれ」が作りやすい。あとは、試してみる
しかない。手ぶれ補正機能のついたカメラに人気が集まっていますが、いい感じの
「ぶれ」が出来た時は心地よいもの。ひとつ試してみては、いかがでしょうか。

ちょっと勉強になったら、忘れずクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ



e0029085_6552055.jpg
「月刊 カメラマン」というカメラ
の雑誌(モーターマガジン社)で
「勝手にしやがれ」フランス編と
いうタイトルで僕の連載が始まり
ました。12月20日発売の新年
号には、僕の写真が2ヶ月分掲載
されたカレンダーも付録でついて
います。新年号はいつも売り切れ
必至ですので、お早めに確保する
ことをおすすめします。

さて、恥ずかしながら僕の顔写真
です。写真家として、写真だけを
見て評価してもらいたい、認めて
いただきたい、とは思います。
顔写真なんかいいです、担当の方
に言ったこともありました。でも
「カメラマン」という雑誌の主役
はカメラマンです、と言われた。
なるほど他の雑誌ではカメラマン
は裏方のスタッフであり、それで
良い。ただ、写真も原稿も大まか
なレイアウトも自分で決められる
という自由をいただいた。


連載「勝手にしやがれ」ではブログには書いていない前後関係を含め
自叙伝的ストーリーになっております。

顔出しなどして、人気がなくなると悲しいので、とりあえず応援ということで
コチラにクリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ


連載「勝手にしやがれ」を買って読んだ方のご感想はこちらまで



ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-21 07:32 | プロフィール


<< 恋するパリ vol.13      パリの大観覧車 ノエル特別編 >>