2005年 12月 14日

パリという街 vol.16 犬の都パリ

e0029085_1022855.jpg


歩道の上のこのマーク。何の意味かご存知だろうか。
犬の公衆便所のマーク。シラク大統領がパリ市長時代、1970年代の
終わり頃に設置したもの。今では、犬のフンを放置すれば罰金なので
このマークを歩道に見かけることすら、滅多にない。こころある飼い主は
ティッシュやビニール袋を持ち歩いているので、路上の犬のフンは減って
いるとは思う。それでも、写真を撮るのに夢中になっている僕は一ヶ月間、
一度も犬のフンを踏まずに歩けたらウンがいいというのが、パリの現実。

ところで、日本とフランスは「犬と社会」との関わり方について、
原則と例外が逆転構造になっている。すなわち、日本では犬が飼える
マンションや飲食店は「ペット可」という形で例外的な存在という感じ
だが、フランスではメトロもカフェもアパルトマンも原則として、犬は
はいってもよいことになっている。例外的に食料品を扱うスーパーや、
パン屋などには、「犬立ち入り禁止」のマークが貼られ、犬は入れない
ということになっている。この違いは「禁止」概念についての日仏の
根本的な考え方の違いに由来すると考えられるが、この点については
日仏生活なにやらという僕の変な小理屈のコーナーに譲ろうと思う。


e0029085_10475320.jpg


犬を連れている人に会うと、なぜか嬉しくなる。

なぜか誰もが笑顔になり、話がはずむ。

犬は人間同士の関係も和ませてくれる素敵な仲間。

パリは犬の都でもある。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-12-14 11:00 | 街角


<< ファッション・フォトグラフィー...      パリの子 vol.9 ノエルの少女 >>