「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 17日

ウチで食べよう vol.10 キムチとカマンベール

e0029085_621323.jpg
白菜のことをフランス語で
"シューシノワ"という。
シューはお馴染みシュー
クリームのシュー。すなわ
ち、キャベツ。シノワは
中国という意味。つまり、
白菜は中国キャベツという
こと。意外にも白菜は一般
的なスーパーでも手に入る。
しかも、100円から150円と
割安。一方、キムチはアジア
系の食材店でも入手できるが
700円ぐらいはするシロモノ。

では、作ってみようという、
ことになる。まず、水洗い
した白菜に一枚ずつ塩を塗り
こむ。次にだしの素、桜えび
赤トウガラシを葉のあいだに
はさみ込んでいく。そして、
少量の水を加え、ミネラル
ウオーターのボトルなどを、
重しにする。


待つこと、一昼夜。白菜がしなんりしてきたら、即席キムチの完成。
フランスの野菜は日本のものよりも、やや固い。しかし、その分、うまみもある。
予想外に合うのが、カマンベール。キムチの辛みをやさしくカマンベールがまろやか
にしてくれる。パリのスーパーで地元の人の定番は"PRESIDANT"(プレジダント)と
いうブランド。値段も手頃で(約250円)、ハズさない味。

こうして、アジアとフランスの文化的融合のはかられた立派なおつまみがいただける。

ホント、意外にうまい組み合わせ!



この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-17 06:23 | 自炊


<< ボージョレ・ヌーボー解禁?その1      日仏生活比較学論序説 vol.... >>