「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 16日

日仏生活比較学論序説 vol.2 距離感と民族性について

e0029085_10495779.jpg
ある日、メトロに乗っていると
車内にイスを持ち込んでいる人
に出会った。思わず、その椅子
は蚤の市で買ったの?などと、
尋ねてみる。すると、母親の家
で使わなくなったので、自分の
部屋に持ってくることにしたの
だと、言う。

ああ、そう。いいねー。などと、
メトロの車内で軽く世間話など
をする。

こういう事はパリのメトロでは、
日常的なこと。しかし、日本では
知っている人でない限り、電車
の車内では会話をすことなど、
通常ありえない、という社会的
な「常識」というヤツがある。

それは、なぜなのかについて、
今日は考察をくわえていこう
と思う。


e0029085_110329.jpg


これらの違いが生じる第一の理由は、「距離感」。
人との間にとる無意識の距離感が日本よりもフランスの方が近く
感じる時がある。まず、話をしようという感じで目があったら、
まあ、話せば、という雰囲気がある。
次に、民族性ということに関わってくる。いわゆる地中海系の
ラテン民族という、スペイン、フランス、イタリアという国々
の人達の特性に由来する。すなわち、ラテン民族の人達は習慣
として、目を見て話し込むという特性がある。この習慣自体は
どうということはない。そういう習慣があるということに過ぎ
ない。問題は、その習慣をどのように人がとらえるか、という
こと。それは、人との関わりに関する儒教とカソリックという
宗教的なココロの問題に関わると言わざるをえない。つまり、
わかりやすく言えば、フランス人やイタリア人の男のひとが、
日本の女性を含めてだれかれかまわずに、熱心に語りかける
様子は、儒教的には「不誠実な人」ということになる。なぜ
なら、「クチがうまい人は信用してはならない」という儒教
の伝統的な判断基準があるからだ。一方、ラテン民族側から
すれば、挨拶もしないような人は信用してはならない。という
考え方がある。ロクに目をみることなく、ひたすら頭を何回も
下げて意味もなく謝る人達は不可思議な存在に映る。目の前に
いるのに、何も見ていないような所作をすることや、軽々しく
見知らぬ人とはクチをきかないことを「品格がある」と考える
儒教的な道徳観はラテン民族に理解されることは、まずない。


e0029085_1144913.jpg

そして、皆、嬉しそうに椅子を
運んでいく。



さて、まとめとしてラテン民族が主流を占めるパリで
楽しく過ごす方法を教えよう。

「目を見て必死でフランス語で話すこと」たとえ言葉が下手でも。
郷に入れば郷に従え、という日本の素晴らしい言葉もある。

もともと、ラテンなノリの僕としては、いたく住み心地のよい場所だと、
つくづく思う。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-16 11:06 | エッセイ


<< ウチで食べよう vol.10 ...      恋するパリ vol.10 モノ... >>