2005年 11月 14日

パリの美術館 vol.2 ニシム・ド・カモンド美術館

e0029085_4351095.jpg
パリ8区、モンソー公園の程近くに
ニシム・ド・カモンド美術館とい
う、貴族の元邸宅が建っている。

有名ではない美術館だが、足を
運ぶ価値はある。

20世紀初頭、ベルエポックと呼ば
れた旧き良き時代。銀行家として
成功したムアーズ・ド・カモンド
卿は、熱烈な美術品のコレクター
でもあった。とりわけ、18世紀の
アンティークのコレクションは、
個人としては、比類をみない程。

そのコレクションに見合う邸宅を
建てるべく、ムアーズは当時の
人気建築家ルネ・セルジャンに
建築を依頼。ヴェルサイユ宮殿の
プチトリアノンをモデルとした
邸宅は1911 年に完成した。

この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ




e0029085_457021.jpg
目をみはるばかりの絵画の
コレクション。

邸宅の台所や浴室も見所の
ひとつ。



e0029085_51189.jpg
しかし、栄華をきわめたカモン
ド家に暗雲が垂れ込める。
第一次世界大戦が勃発。そして
1917年、ムアーズ最愛の息子、
ニシムが戦死。

膨大なコレクションも、贅をつ
くした邸宅も全ては息子である
ニシムのため。

ムアーズはそのコレクションを
息子ニシムの名を冠した美術館
とし、後世に残すことにした。

そして、ムアーズは失意のうち
にこの世を去る。1935年の
ことだった。カモンド家の悲劇
は続く。ユダヤ人であったため
ムアーズの娘ベアトリスの一家
はナチスの収容所で死亡。
カモンド家の財産を継ぐものは
いなくなった。


e0029085_5184883.jpg
絵画、小物、時計、調度品。
手にとるような近さで見ることが出来る。

21世紀の今でも、こうしてベルエポックの時代を
時が止まったかのように見ることが出来る。

ムアーズは、息子ニシムの死と同時に時間の流れを
止めてしまったのかもしれない。

そして、愛するコレクションと家族への想いをこの
邸宅に封じ込めてしまったのでは、なかろうか。

玉砂利を踏みしめ邸を後にする。

この素晴らしい財産を現代に残してくれたムアーズに
感謝の気持ちが自然とこみあげてくる。


 ニシム・ド・カモンド美術館
63 Rue de Monceau 8区
メトロ2号線 Monceau下車
月、火曜日が休み


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-11-14 05:45 | 美術館


<< 自分の写真 vol.1 写真の...      パリの散歩道 vol.1 >>