「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ

parisparis.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 23日

幸運の系譜 vol.3 雨が降ったら

e0029085_8164255.jpg

雨が降った。バラの花びらに小さな水玉ができる。
その輝きが美しくて、僕はシャッターをきる。しかし、その輝きはせつない。
水がついた花びらはその翌日までしか、保たないからだ。それは、純粋な心は
一度しかない、というはかない心のように思えた。「雨が降ってしまえば、もう
この輝きはない」せつない、バラの一生を考えてしまう時すらある。だから僕は
雨に濡れるバラの輝きを撮りたいと思う。
 確かに、バラは雨に濡れてしまえば、その真の輝きはなくなるのかもしれない。
でも、それはバラを勝手に見ている人間の解釈に過ぎないのではないだろうか。
すなわち、バラ的には雨に濡れたりして予定よりも、不本意ながら花が少々だめ
になってしまった。しかし、バラは根を張り子を増やし、たくましくそれなりに
生きているような気がする。

言いたいことを、ハッキリ言おう。

「雨という運命のいたずらによって、どんなに頑張ってもダメになることは、ある。
ただ、人間はそれで全て終わってしまうわけではない。すなわち、雨という滅びは
果てしなく美しいが、その後の復活は、今までよりも、力強い」
ということを、伝えたい。つたえること、それが幸運の系譜。


この写真が気に入ったらコチラに一票!
人気blogランキングへ


ご感想・撮影依頼はこちらまで



by paris-tsuzuki | 2005-09-23 08:31 | エッセイ


<< ウチで食べよう vol.9 コ...      恋するパリ vol.6 恋愛平等論 >>